出典:新日本プロレスワールド

L・I・J レビュー

ロスインゴVS鈴木軍!熱すぎる全面戦争!

投稿日:2018-04-19 更新日:

 

ボマにちわ!

前回、本隊VSケイオスの開幕戦を記事にしましたが、あまり気持ちが入っていませんでした。それもそのはず、筆者はロスインゴ好きの内藤推しですからねぇ。本当に楽しみにしていたのは、Road to どんたく4.14後楽園ホール大会メインのロスインゴVS鈴木軍の5VS5のエリミネーションマッチです。全員のキャラが強すぎるので見所が多すぎて困っちゃいますねぇ。

王様VS詐欺師の行方

1.4東京ドームでオカダ選手に負けてなお、内藤選手の会場人気は衰えませんね。鈴木選手が入場してくるときは、全く興味ないお約束のこの表情。手についた何かが気になっている様子。興味ないどころか、何もない無の境地!

鈴木選手がリングインした途端、ごちゃごちゃのボカスカ状態へ。鈴木軍と向かいあうと、ロスインゴがベビーフェイスになってしまいますね。

この日のゲスト解説はタイチ選手。前の試合から居残りで解説していましたが、ミラノさんとの掛け合いが面白すぎて試合に集中できません! 面白いんだけど、気になっちゃって試合が入ってこなくなる〜。そう考えると前日の真壁選手の解説は安定してました。そして、EVILにもサービスを忘れないタイチ選手。

これまた、内藤選手お約束の鈴木選手をバカにするかのごとく頭をはたくシーン! 鈴木選手の頭をはたくっていうのは、たとえ仕事でもやりたくないですね。

鈴木選手の逆襲を受ける内倒選手。内藤選手の髪はやめてあげて!

これまた、エリミネーションマッチの内藤選手お約束の心中道連れ攻撃。二人仲良く失格になってしまいました。

してやったりの嬉しそうな表情の内藤選手。

怒り狂う鈴木選手は新人のヤングライオン上村くんに八つ当たり!ここまではいつもの光景でしたが・・

勢い余って上村くんがお客さんにダイブ! 逃げ遅れたお客様を道連れに・・。次からはお客様を助けてあげてください。内藤選手と鈴木選手は二人でいちゃつきながらバックステージへフェイドアウト。

 

EVILの驚異的なサポート能力とアーチャーの凶暴な制御不能力

眼窩底骨折から完全復活したEVIL選手が躍動してました。スミス選手に落とされそうなSANADA選手を体を張って防御! これはEVIL萌えでしょう。広くさんもイラストにするほどの印象的シーン。

試合前半では内藤選手との連携で金丸選手を光の速さでリングに叩きつけてました。やはりEVIL選手がいるとロスインゴの連携がパワーアップします。オシム流に言うと水を運ぶ人ですね(古)。

スミス選手をドラゴンスクリューで場外に落としたSANADA選手に対して、アーチャー選手の対角線からの体当たり!この勢いがハンパなくて、まさに交通事故級でした。そのままSANADA選手を場外へ落とします。

さらにEVIL選手をスクラップバスター! EVIL選手の勢いが凄かったので、むしろ技の破壊力が増してました! アーチャー選手はEVIL選手を軽々と旋回させてて叩きつけていました。結局EVIL選手とSANADA選手を二人まとめてやっつけてしまいました。スミス選手の立場がない・・、もっとスミス選手の活躍も見たい!

 

ヒロムVSデスペラード、ついに同期決戦へ

圧倒的不利のロスインゴになりましたが、対スーパーヘビー級に燃えるヒロム選手が金的オンロープで場外へ吹っ飛ばします。

最終的に4.23IWGPJr.ヘビー級タッグタイトルマッチの前哨戦さながらの、デスぺ選手とヒロム選手の1vs1になります。デスぺ選手はジャベっぽいロックからの投げ技を見せたり、毎回プロレスの幅の広さを見せてくれます。

しかし、ヒロム選手のタイムボンバーで形勢逆転。この技って田口選手からもらったタイムボンバーだと思うんですけど、実況の清野さんはラリアットって言ってました。タイムボンバーじゃないのかな、モヤモヤ。

と思いきや、金丸選手のウイスキー芸からヒロム選手が丸め込まれてデスぺ選手の勝利。ウイスキーは毒霧と違って仕込みに時間がかからないので、いいアイテムですね。金丸選手もデスぺ選手も存在感が高まってきました。

締めはデスぺ選手の「スズキグン、イチバーン」でした。デスぺ選手のマイクは細かいことを長々いう感じがして、あんまり好きじゃなかったんですが、この日はうまく決めてくれました。決め台詞があるっていうのも大きいのかもしれません。前回の3WAYの調印式のグダグダマイクはひどかったですから。

それでも新日本プロレスがようやくデスぺ選手と金丸選手を推してきてくれているので、いよいよ面白くなってきました。でも最後の場面でヒロム選手とBUSHI選手をノックアウトしちゃっていたので、タイトルマッチは落としそうですね。前哨戦で派手に勝つレスラーは本番でキッチリ負ける、それがプロレスあるあるですからね。とはいえ、デスぺ選手&金丸選手&ヒロム選手&BUSHI選手は4人とも個性的で職人的なところもあるので、IWGPJr.ヘビー級タッグタイトルマッチがどれぐらい面白くなるかすごく楽しみです。

 

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.