出典:新日本プロレスワールド

L・I・J 考察

Destructionの憂鬱(ジェリコの副作用)

投稿日:2018-09-11 更新日:

 

あっという間に時は経ち、大阪城ホールも終わり、G1も終わり、Destructionシリーズが始まっていました…

ブログを続けるって大変ですね…

ということで、また書きます。

Destructionシリーズを考える。

しかし、G1ロスがひどくてDestructionシリーズに全く集中できませんよ。

多人数タッグが多く、前哨戦のカードもほぼ同じ感じで、なおかつロスインゴ勢がメインストーリーの蚊帳の外になってしまっていて、気持ちが入りませんよ。

まあ、毎年9月のシリーズはドームまでの道程になってしまって、あまりサプライズがないんですよね。

どちらかというと、普段陽の当たらない選手にスポットを当てて、全体の底上げを図るシリーズなんでしょう。

メインストーリーで考えれば、棚橋選手がG1優勝から、オカダ選手を倒してドームのメインイベントにたどり着けるかというのがポイントです。

そしてIWGP王者でベストバウトマシーンのケニー選手と、名勝負製造機の石井選手の外れのないタイトルマッチがもう一つのポイント。

しかしサブストーリーでは、われらが内藤選手はベルトもないのに鈴木選手とよくわからないスペシャルシングルマッチ!

前回負けた鈴木選手がリベンジしたいという雰囲気ですが、宝物もないのに内藤選手とやりたがる鈴木選手には少々無理があり、なかなかの強引なストーリーと言わざるをえません。

メインのストーリーに関われなくなってしまったボス二人がしょうがなく戦う雰囲気になっちゃっているような感じですね。そうやって考えるとやっぱりインターコンチのベルトは必要なのかもしれませんね。見所を増やすという意味において。

さらにEVIL選手は、インターコンチを奪取したクリス・ジェリコ選手とどこかで試合をする流れですが、いかんせんジェリコ選手がほぼいないのでビッグマッチまで話題を作りづらい状態です。

さらにさらに、SANADA選手に至ってはG1であんなに活躍したのに何のストーリーも用意されていませんわ。

かろうじてBUSHI選手がIWGPjr王者決定トーナメントに参加するという朗報はありますが…。

なので我らロスインゴ推しには辛い秋の季節…。

 

Destructionの次シリーズを考える。

しかし、Destructionから10月の両国&11月の大阪のビッグマッチにどんなカードが用意されているかが重要です。

基本的には、棚橋vsオカダ・ケニーvs石井・内藤vs鈴木を超えるカードが用意されるはずです!

ここがなかなか予想しづらいところです…。

ってか、そんなカードあるか!?

最近の傾向からリマッチもあるかもしれませんが、さすがに日付が近すぎると思いますから、リマッチはなさそう。

ケニー選手が石井選手に勝ったら飯伏選手との再戦というドリームカードが見えなくもないですが、棚橋選手とオカダ選手はどっちが勝ってもそれ以上のカードが見えない。

強いて言うならどちらもG1で負けてるジェイホワイト選手かな。棚橋オカダというカードに比べると弱くなっちゃいますが。

内藤選手が鈴木選手に勝ったらザック選手へのリベンジが見えてきますが、鈴木選手以上のマッチメイクにはならない感じがします。

ということで10月の両国のカードが読みにくい、ここ最近では珍しいマッチメイクになってますね。やはり新日本サイドもなるべくカードが読めないように配慮しているのでしょうか、それともただの苦肉の策なのでしょうか。

そういえば今年は両国の前にアメリカ大会もあるんでしたね。そこでもタイトルマッチを組まなきゃいけないでしょうから大変ですね。ますますインターコンチをジェリコ選手に渡してしまった弊害が生まれてしまっている気がします。


新日本プロレス/NJPW SOUL SPORTS IWGPインターコンチネンタルチャンピオンベルト クッション

 

クリス・ジェリコの副作用

秋にジェリコ選手とイービル選手が戦って、ドームで再び内藤選手とジェリコ選手が戦いそうな雰囲気ではあります。

しかしそのために通常の巡業がドームまでのストーリーと繋がらなくて盛り下がってしまいますね。

これは内藤選手が思い描く新日本のストーリーとは真逆のはず。巡業の延長がドームに繋がらなくては普段の試合が意味をなさなくなってしまう。とはいえ、ジェリコ選手のビッグマッチにおけるネームバリューはおいしい。

その狭間で鈴木軍が都合よく使われてしまい、内藤選手もイービル選手もジェリコ戦が控えているので、Destructionシリーズであやふやな状態。そしてSANADA選手はどこにも絡めないという、まさにジェリコ選手の副作用が効いてしまっている9月。

LIJファンは我慢の月、BUSHIのトーナメント優勝を願って、10月以降の展開に期待しよう…。

 


WWE Chris Jericho(クリス・ジェリコ) You Just Made The List WWE Exclusive

 

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, 考察
-, , , , , , , ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.