出典:新日本プロレスワールド

L・I・J レビュー

二連覇のEVIL&SANADA!決勝のレビューだけ言わせてください![18.12.09岩手]

投稿日:

あっという間にワールドタッグリーグ2018が終了して、東京ドームのカードが発表されて、新日本プロレス大忘年会も終了してしまいました!

もうすっかり、街は東京ドーム一色になってしまいましたね‥(しみじみ)

ワールドタッグリーグの一夜明け会見では、EVIL&SANADA選手がコメントしておりましたが、そういえば記者会見でいつも気になることがあるんですよ‥。

記者の皆さんが全然質問しないことが気になる!

いつもオフィシャルか岡本さんしか質問してないし、岡本さんはそのわずかな質問もすごい考えてから質問するんですよねー。

生放送なんだから、ちゃんと質問を考えてきてほしい!

質問しないなら質問コーナーいらない気がする‥、あの気持ち悪い無言の間を待つ選手がかわいそうです!

 

どうでもいいことを言ってしまいました‥。

東京ドームのことや、後楽園2連戦のことや、アメリカ巡業のことや、ヒロム選手2位のことを言いたいところですが、全てグッとこらえて、ロスインゴファンならやっぱりワールドタッグリーグ2018決勝戦の復習をする必要があると思います!

 

決勝は、EVIL&SANADA vs タマ・トンガ&タンガ・ロア!

決勝戦はEVIL&SANADA組vsタマ・トンガ&タンガ・ロア組の2組が勝ち上がり、最終的にEVIL&SANADA組がワールドタッグリーグ2連覇を達成しました!

そもそもこの組み合わせになるとは思いませんでした。

この組み合わせは去年と同じだし、チャンピオンが決勝戦にでてくると優勝はないなって思っちゃいますからね。

しかし、ドームのカードにヤングバックスを入れて3WAYにしたいのなら、このカードしかありえませんでした。

ヤングバックスは前チャンピオンでG.O.Dに負けてて、ロスインゴタッグに2連勝していますからね。

そういうことかーーー!

 

個人的には、前の方の記事で書いたようにワールドタッグリーグはEVIL選手とザック選手の両国の延長戦なのかなって思ってました。

ザックの大活躍から考える「WTLの優勝チーム」と「鈴木軍の世代交代」。

続きを見る

結局、EVIL選手とザック選手のストーリーは釈然としないまま今年を終えそうです。

というよりもそもそも、このタッグリーグはEVIL選手よりSANADA選手にスポットを当てていた気がします。

開幕戦こそEVIL選手のイービルが決まりましたが、それ以降はほとんどSANADA選手がフィニッシュを決めていました。

最後の締めのマイクもSANADA選手だったことを考えると、このワールドタッグリーグはSANADA選手のための大会だったかもしれませんね。

EVIL選手や内藤選手がジェリコ選手とワチャワチャしている間、SANADA選手は蚊帳の外でしたから、このタッグリーグはSANADA選手に輝いてもらおうという配慮があったように思います。

それに応えるべくSANADA選手は大活躍でした!

 

G.O.D with 邪道

G.O.Dというチームは今年から3人編成になっています。

EVIL選手をトップロープ上で軽々持ち上げることができるほどのパワー溢れるタンガ・ロア選手。

出典:新日本プロレスワールド

ステルスアクションからものすごいスピードと跳躍力を武器にするタマ・トンガ選手。

出典:新日本プロレスワールド

そして今年後半からセコンドに付いているのは、右手にプープー音、そして左手にケンドースティックを持つ男、邪道選手。

出典:新日本プロレスワールド

邪道選手は腰を怪我してから歩くのも辛そうな感じだったので、セコンドへの転職は個人的に大歓迎。

どうせなら魔界倶楽部の星野総裁的ポジションを目指してもらいたいです。

EVIL&SANADA組としてはG.O.Dのチャンピオンとしての強さに加え、試合に介入してくる邪道選手をどうかわすのかというのも見所の一つですね。

また、邪道&外道選手直伝のスーパーパワーボムをG.O.Dが身につけてしまいましたから、このフィニッシャーをどうするのかというのも一つのポイントでしたね。

 

 

 

ケンドースティックでビッシビッシ成敗する邪道。

開始いきなりケンドースティックでEVIL選手を成敗する邪道選手。

今度は場外でケンドースティックの柄の方で攻撃する邪道選手。

出典:新日本プロレスワールド

邪道選手に介入されてペースをつかめないEVIL選手はこの試合中ローンバトルが続くことに。

しかし、なんやかんやあって、なぜかトップロープで4人がガッチリ組体操のごとく絡まり合ってブレーンバスターボムみたいな形で落っこちて、ダメージがタマ>EVIL=SANADA>タンガの順番になり、よくよく考えると、タンガ選手がタマ選手にひどいことをしてるような、してないようななんか変な感じ!

 

 

いつもの3倍のSANADA無双!

なんとかタッチを受けたSANADA選手はエルガン無双ならぬSANADA無双でピンチを凌ぎます!

まずは、タマ選手をリープフロッグでかわしますが、タマ選手がめちゃ早いのでSANADA選手も倍速のリープフロッグで対応!

この二人は身体能力と運動神経が共にスゴイので手があいますね。

さらにそこから、場外の邪道選手を懲らしめるためにプランチャ発射!

出典:新日本プロレスワールド

返す刀でタンガ選手にもプランチャ第二波発射!

出典:新日本プロレスワールド

おまけでもう一つ最後に、タマ選手にプランチャ3連発!

出典:新日本プロレスワールド

そして会場をいつも以上に煽り、大SANADAコールに!

出典:新日本プロレスワールド

このプランチャ3連発は素晴らしかったですね。

SANADA選手はプランチャの出しどころをいつもいろいろ模索していて、最初はただのプランチャだったのを、リープフロッグと組み合わせたりしていて、そして今回はプランチャを3連発にするというアイデアを見せてくれました。

また、今回の相手のG.O.Dが3人編成だったこともあって、3連発がよりエレガントに映えましたね!

 

最後までエレガントに舞い続けるSANADA!

しかし、悲願の初優勝を狙うG.O.Dは3人の連携でSANADA選手に反撃。

パワーボムと裏ガンスタンの合体技から、邪道のケンドースティック、元祖マジックキラーの連携でSANADA選手をノックアウト状態に!

そしてトドメのスーパーパワーボムの体制に入って、万事休す!

しかし、SANADA選手がエレガントな雪崩式フランケンシュタイナーで切り返します!

いつかのG1の時にケニー選手が内藤選手にトップロープからのパワーボムを仕掛けたんですが、その時、内藤選手が雪崩式フランケンシュタイナーで切り返したのを思い出しましたよ。

この切り返しはけっこう危ないので、SANADA選手も後ろを見ながら斜めになって安全に切り返してましたね。

 

その後、邪道選手が介入してSANADA選手に襲いかかるところをEVIL選手がカット!

出典:新日本プロレスワールド

そして邪道選手にマジックキラー発射!

出典:新日本プロレスワールド

帽子が外れて、ツルピカーンの太陽拳!

出典:新日本プロレスワールド

外道選手もリアクションは素晴らしいですが、邪道選手もキッチリ帽子を外して坊主頭を披露してくれます。

腰が悪いのにマジックキラーを受けてくれましたね。

 

ここから一気にロスインゴタッグが畳み掛けます!

エイプシットとイービルの切り返し合戦を制したEVIL選手がタンガ選手をイービル葬!

出典:新日本プロレスワールド

ガンスタンを切り返して、タマ選手にマジックキラーを発射!

出典:新日本プロレスワールド

EVIL選手がタマ選手にダークネスフォールズを決め、ダークネスに染め上げます!

出典:新日本プロレスワールド

さらに、ヒザ剣山を出さないようにEVIL選手がしっかりタマ選手を抑えます。

影でSANADA選手を支える女房役のEVIL選手。

出典:新日本プロレスワールド

最後はSANADA選手のエレガントなラウンディングボディプレスで勝負あり!

出典:新日本プロレスワールド

EVIL&SANADA組の終盤の見事な畳み掛けでチャンピオンチームから勝利をもぎ取りました。

特にタマ選手からフォールを奪ったということで、ある意味完全勝利と言ってもいいのではないでしょうか。

 

全体的に3人で戦うG.O.Dと、ローンバトルになりがちなロスインゴタッグという構図で、典型的なヒールとベビーフェイスの戦いになりました。

個人的にはこういう構図の試合よりは、ガッツリ4人が拮抗した戦いの方が好きなんですが、東京ドームのかかった決勝戦ということでドキドキしながら観戦できました。

EVIL選手はどちらかというとサポートにまわっていて、SANADA選手のお膳立てをしていたように思います。

タッグリーグではありますが、SANADA選手のパフォーマンスが素晴らしく、会場のSANADA人気もウナギのぼり!

唯一の弱点であったマイクパフォーマンスも完成されつつあるので、いつブレイクしてもおかしくない状態です。

 

ヤングバックスとの3WAYは是か非か。

試合後、ヤングバックスがリングに登場し東京ドームでのIWGPヘビー級タッグのベルトに挑戦表明しました。

ネット上では否定的な意見もあるようですが、筆者はこの3WAYは歓迎しております。

冒頭でも述べましたが、ヤングバックスは前チャンピオンで、ロスインゴタッグに2連勝しているから、ベルトに挑戦する理由がそれなりに存在しています。

しかしジュニアタッグの3WAYの場合、ベルトに挑戦する理由が破綻しているので、ストーリーを雑にしないでほしいと願っています。

Why?3WAYリマッチのジュニアタッグ問題を斬る![19.1.4東京ドーム]

続きを見る

また、ケニーvsコーディvs飯伏選手のIWGP3WAYは、対立構図が曖昧で、戦っているというより協力しているように見えてしまったので問題だと思います。

18.10.8両国、伝説にならなかった歴史的な3WAYマッチ

続きを見る

もちろん、ヤングバックスやケニー選手が人気レスラーになった途端、ビッグマッチしか出なくなったという問題はあると思いますが、これは中々難しい問題なのでまた別記事にて候。

とにかく今回のドームのヘビータッグの3WAYはウエルカムです、タッグ戦線は多少バラエティな試合展開もありだと思います。

ただ、同じ3WAYの組み合わせを短期間で連発するのは違うと思いますけどね。

ヤングバックスvsEVIL&SANADAvsG.O.Dは試合がすごい面白くなりそうな予感があるので、ぜひ見たい!

 

EVIL&SANADA劇場

ヤングバックスとG.O.Dが去ってからは、闇の王が複雑になった話を整理してファンにわかりやすく伝えます。

EVILは「おい、俺らはヤングバックスにも借りがあるからな。まとめてやってやるよ!」と2チームと闘うことを宣言した。

引用:新日本プロレスリング公式

出典:新日本プロレスワールド

そして闇の王がタッグパートナーをねぎらい、ハニカミながら感謝の意を伝えます。

SANADA、サンキュー! 今日、このマイクを最後に握るのは……

引用:新日本プロレスリング公式

出典:新日本プロレスワールド

SANADAーーー!

これだけは言わせてください。日本で一番ここ岩手が好きです。(場内大歓声)おい、岩手! シー・ユー・ネクストタイム!

引用:新日本プロレスリング公式

出典:新日本プロレスワールド

SANADA選手が浮気マイクできっちり締めて終了!

SANADA選手は今年2月のオカダ選手とのIWGP戦以来、マイクパフォーマンスを磨いてきましたが、ここにきて完成の域に達したかと思います。

リング上もマイクもネクストステージに上がった感じがするので、2019年が楽しみですね。

 

 

そういえば‥

この試合でSANADA選手がトップロープからのフェノメノン式スカルエンドを放った時、完全にずれてしまい自爆してしまいました。

出典:新日本プロレスワールド

タマ選手との距離が近いなって思ってたから、すごいヒヤッとしましたね。

SANADA選手は身体能力が高いだけに怪我だけは注意してもらいたいです。

まとめ

東京ドームに間に合ったEVIL&SANADA組!ロスインゴ5人とも本戦出場で一安心!

 

 

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.