出典:新日本プロレスワールド

L・I・J 情報

ジェリコvs内藤のプロフェッショナル対決!1年間の抗争を総括。[wk13直前まとめ]

投稿日:2018-12-30 更新日:

2019年1.4東京ドーム、セミファイナルIWGPインターコンチネンタル選手権試合クリス・ジェリコvs内藤哲也。

東京ドームはドミニオンのリマッチということで、話題がどうしても最初の頃より尻すぼみ感が拭えませんが、それはそれ、これはこれ。

なんだかんだ言ってもワールドワイドなジェリコ選手と国内人気ナンバーワンの内藤選手が、年間最大イベントの東京ドームで対峙するわけですから、盛り上がらないわけがございません!

しかし新しい情報があるわけでもないので、とにかく総括して盛り上げるしかないッス!

 

2016年、2017年をロスインゴショックとともに2年連続プロレス大賞MVPと大活躍の内藤選手に課せられた2018年の使命は、メインストーリーを離れ、ジェリコ選手との抗争を2試合のみで1年間盛り上げなくてはならないという、めちゃくちゃハードルの高い今世紀最難関のミッションでした。

世界戦略を目論む新日本プロレスが、ジェリコ選手のコネと知名度を利用し、その魅力を全米のWWEユニバースにも届けたいと画策したのは間違いありません。

しかし、ワールドワイドなジェリコ選手と絡むことで、内藤選手とロスインゴを世界に通用する選手&ユニットにレベルアップさせたいという新日本プロレスの親心的な思惑もあったと思います。

とはいえ、ジェリコ選手と絡む過程で様々な犠牲と歪みを新日本内に起こしてきました。

それについて過去の記事で、国内を犠牲にしてまでジェリコ選手をビッグマッチに使う必要があるのか、的な趣旨のことを書きました。

劇薬ジェリコはビッグマッチに必要か?[18.10.8両国]

続きを見る

 

実際、この絡みがどれほど世界にインパクトを与えたのか、内藤選手やEVIl選手の知名度がどれぐらい上がったのかは定かではありませんが、新日本プロレスの攻めに攻めた野心的なプロジェクトだったのは間違いありません。

そして、この強引なプロジェクトを成し遂げられそうだったのは内藤選手以外にいなかったようにも思います。

ジェリコ選手以上に我の強い選手じゃないと食われて終わっちゃいますからね。

 

そして今、東京ドームを目前にして、この二人に小難しいイデオロギー闘争はありません。

あのムカつくイヤな奴を沈めてやる!

お互いに極めてプロレス的な単純明快な初期衝動しかありませんので、とてもわかりやすい試合になっています。

しかーし、東京ドームのその前に今年1年を振り返って今一度復習したいと思います。

 

 

1.5後楽園にて衝撃の内藤襲撃!

2018年の1.5後楽園からジェリコ選手と内藤選手のストーリーは動き始めました。

ケニーvsジェリコの1.4のワンマッチで終わりかと思いきや、翌日にジェリコ選手が内藤選手をサプライズ急襲!

この時の後楽園の歓声はすごかったですね!

ジェリコ選手は1試合しかしないって嘘をついていたので、全員騙されてしまいました。

しかも内藤選手を襲ったということで、期待感はこの時パンパンに膨れ上がりました。

さらにバックステージの階段でも荒ぶるジェリコ!

そもそも何でジェリコ選手が怒り狂って内藤選手を襲ったかというと、もうすっかり忘れちゃってましたが、去年のプロレス大賞受賞会見で内藤選手が2018年1.4の東京ドームのダブルメインイベントについてイチャモンをつけたことがきっかけです。

メインイベントについて新日本随一のこだわりを持つ内藤選手がキレキレのコメントで、ジェリコ選手に忖度して1.4をダブルメインイベントにしてしまった新日本プロレスを痛烈に批判。

今振り返ってみると、この時内藤選手がしっかりジェリコ選手に噛み付いたことで、新しい展開が生まれたわけですから、やはり会見やコメントも大事ですね。

ちなみにこの時内藤選手はすでに、新日本プロレスをそのまま海外に持っていくことが大事、って最近の棚橋選手と同じことを言っていて、改めて新日本愛を感じる会見でしたね。

 

今度は5.4福岡どんたくにて内藤を血祭り襲撃!

そして、4ヶ月の沈黙ののち、5月の福岡どんたくに突如現れたジェリコ選手!

まさかの観客席からのロスインゴファンコスプレで現れたジェリコ選手は、内藤選手を襲撃して大流血に!

最近の新日本プロレスではコンプライアンスのせいか、故意に流血は見せないようにしていた感じでしたが、大物ジェリコ選手にだけは流血が認められるようで、ケニー選手に続き二人目の血祭り襲撃事件になってしまいました。

この時、海野レフリーが内藤選手の額をカットしていたとか、いないとか、いろいろSNS上でざわつきましたね。

あと、GK金沢さんの説明しながらの驚き解説が最高でしたー。

 

さらに、5.22後楽園にて、自撮り動画で内藤選手を亀及びミスターメインイベントと挑発するジェリコ!

しかし、まだまだ余裕の態度でジェリコ選手と新日本プロレスを批判する内藤選手。

最近内藤選手がジェリコさ〜んって変な「さ〜ん」付けするのは、この時のジェリコ選手の「ナイトーサン」に対抗してるんでしょうね。

 

ワールドのインタビューでまだまだ余裕の気持ちを語る内藤選手。

 

今度は6.4後楽園でドミニオンに向けて長いコメント動画を披露するジェリコ選手!

ここでようやくメインイベント論争について、しっかりとしたコメントを出し、内藤選手を挑発するジェリコ選手!

しかし、コメントが長すぎるとバッサリのまだまだ余裕の内藤選手。

 

6.9大阪城で内藤を破り、まさかのジェリコがインターコンチ強奪!

そしてついに運命のドミニオン大阪城決戦が開幕!

試合前から荒ぶり無茶をするジェリコ選手!

ツバで反撃する内藤選手、そして目元を切って痛々しい内藤選手!

珍しい場外パイルドライバーで反撃する内藤選手!

コードブレイカーを最高のタイミングで決めるジェリコ選手!

そして、マットにエグい角度で突き刺すヤバいジェリコ選手!

そこからのウォールオブジェリコで、説得力のある攻撃を畳み掛けるジェリコ選手!

 

その結果なんと、ジェリコ選手がインターコンチネンタル王者になってしまいます!

大方の予想ではジェリコ選手の参戦は大阪城だけであろう、と思われていましたので、ファンの多くは内藤選手が勝つと思っていたはずです。

また、インターコンチがかかっていましたので、ビッグマッチしかこないジェリコ選手が勝利するとは考えにくい状況でした。

しかし、新日本プロレスは見事にこの予想を裏切り、裏ではどうやらジェリコ選手と新たに3試合の契約を結んでいたようです。

ドミニオンではファンも新日本プロレスの手のひらの上になってしまいました!

ですので、1.5後楽園から6.9大阪城での流れは大成功といってもいいと思います。

 

しかし、今度はここから東京ドームのリマッチまでの流れが、どうしても勝敗が読めてしまうので、少しトーンダウンしてしまうんですよね。

これはG1チャンピオンが東京ドームのメインイベントに行くまでの流れとよく似ているので、しょうがない部分もあるのでしょうね。

 

さらに試合後、EVIL選手が内藤選手を救出したことで、ジェリコ選手の防衛戦の相手にEVIL選手が浮上!

新日本プロレスのもう一つの狙いは、EVIL選手をジェリコ選手に絡めることで、内藤選手より若い将来性のあるEVIL選手も世界に売り出したかったのだと思います。

 

ドミニオンの試合を振り返るジェリコ選手!

 

さらに10.8両国でEVILを従者コスプレで急襲するジェリコ!

ジェリコ選手とEVIL選手の試合が期待される中、EVIL選手の両国の試合後に乱入すると思われていたジェリコ選手。

しかし、ファンの予想を覆し、まさかの試合前に乱入しEVIL選手を襲撃!

対戦相手のザック選手も苦虫を噛み潰した何とも言えない表情!

結果的にEVIL選手の試合はノーコンテストになり、物議を醸しました。

 

EVIL選手の試合をノーコンテストに追い込み、EVIL選手を挑発するジェリコ選手!

 

逆に、凝りに凝ったスプラッターホラーな闇の世界観でジェリコ選手を挑発するEVIL選手!

2分の映像のうちEVIL選手のコメントは30秒のみという贅沢な映像に仕上がっています!

 

そして11.3大阪でEVILとガッチリ戦ったジェリコがIC王座防衛!

 

そして11.3大阪でジェリコ選手とEVIL選手がついにインターコンチをかけて戦います!

この試合はEVIL選手の今年のベストバウトとといってもいい素晴らしい試合でした。

ジェリコ選手も今までの試合と違い、ガッチリEVIl選手の攻撃を受けていて、新日本プロレスらしい試合だったと思います。

この試合に関しては過去にしっかりレビューしました。

ジェリコをダークネスに染め上げたEVIL![18.11.3大阪]

続きを見る

断崖式テーブルクラッシュイービルを決めるEVIL選手!

ウォールオブジェリコを元気よく決めるジェリコ選手!

またしても最高のタイミングでコードブレイカーを決めるジェリコ選手!

 

結果、今回は予想通りジェリコ選手がインターコンチを防衛します!

しかし、試合後今度は内藤選手がEVIL選手を救い出し、東京ドームでのリマッチの流れへ。

一部SNS上では、EVIL選手が内藤選手のダシに使われた的なことを言われていたようですが、EVIL選手のキャリアでジェリコ選手と戦えたのはものすごい財産になったと思います。

SANADA選手や他の選手も全く絡めなかったわけですから、絡めただけでもEVIL選手の今後のアドバンテージになると思います。

 

ついに東京ドームでジェリコvs内藤のリマッチが決定!

その後東京ドームで、ジェリコ選手と内藤選手のインターコンチ戦のリマッチが決定します!

ジェリコ選手が来そうで来ない記者会見は、すげーモヤモヤします。

 

新日本プロレスの公式インタビューでEVIL選手をベタホメするジェリコ選手。

売り出したい若手選手には細心の気を遣うジェントルマンっぷりを感じます。

しかし、内藤選手には絶対リマッチしないと厳しいツンデレ対応!

イデオロギー闘争にも言及するジェリコ選手。

ジェリコ選手もプロレススタイルはクラシックな印象があるので、ケニー選手とは真逆ですが、それでも試合を盛り上げる技術は高いわけですから、プロレスの奥深さを感じますね。

 

自撮り、記者会見、乱入!試合せずに期待感を煽るプロレス名人たち!

リマッチしないジェリコ選手に対して自撮りメイク動画で挑発する内藤選手!

さらにジェリコ選手のメイクを必要以上にバカにする内藤選手。

ちゃんとアメリカバージョンのロスインゴTシャツを着込んでいる内藤選手。

 

チャンピオンのジェリコ選手の自撮り動画で返答!

立場が逆転してしまったので、ジェリコ選手はまだまだ余裕のご様子。

内藤選手をハエに例えて挑発するジェリコ選手!

 

その後、記者会見にきたジェリコ選手に毒霧ならぬ水霧を吹いて挑発する内藤選手!

サングラスで水を受け止めたものの、怒りが収まらないジェリコ選手!

記者会見の最後の方ではチケットの購入を促すジェリコ選手!

 

さらにその日の後楽園に乱入し内藤選手をボコるジェリコ選手!

目の見開きポーズで挑発して今年の仕事をやり遂げるジェリコ選手!

 

さらにさらに翌日自撮り動画で内藤選手を東京ドームで引退に追い込むと息巻くジェリコ選手!

 

今度は自撮り動画でジェリコ選手のプロフェッショナルぶりを讃える内藤選手!

「さ〜ん」付けしたり、ハエを出したり、総決算的動画で煽る内藤選手。

しかしどうしてもなぜかジェリコ選手のメイクが気に入らないご様子。

最後はまさかの2カメでアディオス!

 

結局1年間を振り返ってみれば、濃密な二人のストーリーが出来上がっており、もはや戦友のような状態。

自撮り動画・記者会見・乱入と様々な煽りをしてきたことで、2試合しかしていないジェリコ選手が10試合ぐらいしてるんじゃないかとウッカリ間違えそうなぐらいのコンテンツ量。

プロフェッショナルな二人によるキツネとタヌキの化かし合いのような挑発合戦が雌雄を決するのは、新日本プロレスの最大イベント、レッスルキングダム13in東京ドーム!

ドミニオンの時のような潰し合いになるのか、両国の時のような新日本らしいプロレスになるのか、二人の試合がどうなるかは分かりませんが、この1年間を噛み締めて楽しみたいと思います。

もしかしたらジェリコ選手はこれで最後かもしれないので、しっかりと二人の物語の最終回を見届けましょう!

 

まとめ

なんだかんだ言っても、世界が注目する対決に間違いはない!

 

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, 情報
-, , ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.