出典:新日本プロレスワールド

レビュー

ピロピロがヤバイ!カべルナリオもいるファンタスティカマニア![1.18後楽園]

投稿日:

 

1.18後楽園にて、CMLL FANTASTICA MANIA 2019 第6戦が開催されました。

後楽園3連戦の初日のメインは、CMLLファミリータッグトーナメント2019の決勝戦です。

ファンタスティカマニアと言えば後楽園、って言うぐらいルチャリブレが映える会場だと思います。

そして、ようやくミキティコさんがワールドの解説に来てくれたので大満足です!

今回はピロピロが出るカベルナリオ選手に注目しつつ、ざっと試合を振り返ります。

 

第1試合を盛り上げるアウダス!、新生セーラーボーイズを巡る戦い!

アウダス選手は第1試合が多い印象ですが、いつもいきなり思い切りよく飛んで会場を温めてくれます!

この日は、片足をセカンドロープにかけての片足ステップ&トペコンヒーロを綺麗に決めてくれました!

片足をロープにかけることで、回転がより高く、より安定して美しくなっている気がします。

カワトサンにもこれぐらい飛んで帰ってきてほしいなー。

 

昨日ひよの山とツーショットを撮っていた石森選手は、ただ相撲観戦していたわけではなく、強力なパレハを仕込んでいたようです。

石森選手が田口選手を場外に連れ出して羽交い締めをした時、まさかのパレハのツッパリが炸裂!

出典:新日本プロレスワールド

強力なパレハの正体はこちらの方たちでしょうか?

相撲詳しくないので間違っているかもしれませんが、このお二人のような気がしますね。

さらに、石森選手vs田口選手のジュニアベルトとセーラーボーイズを巡る戦いは思わぬ方向へ脱線中!

なぜかYOH選手とともに新生セーラーボーイズをやりたがる田口選手。

もう試合の煽りでもなんでもない!

一方、さらに相手を研究し続ける石森選手。

何を競い合っているかもうカオスですが、この戦いから目が離せないーーー!

 

アンヘル・デ・オロがマスクを脱ぐ瞬間が最もイケメン!

イケメンすぎるオロ選手ですが、毎回毎回マスクを脱ぐ瞬間の笑顔がたまりません!

あえてマスクをかぶって焦らして焦らして、リングの上でマスクを自ら取る。

これはマスクも女性の扱いも一緒だということですね。

顔だけじゃなくて、技もすごいオロ選手!

 

テリブレvs小島!龍神vs雷神!内藤vsヘナーレ!

この日は残念ながらテリブレ選手が小島選手のラリアットに轟沈!

シングルマッチではテリブレ選手にいいところを見せてほしいです。

鷹木選手と雷神選手は今夜もヒートアップ!

雷神選手のラリアットを鷹木選手が受けますが、鷹木選手の受身が激しすぎて、雷神選手がよろめいてしまうほど。

そこから我慢して起き上がっての鷹木選手のラリアットは迫力満点!

鷹木選手の足腰の強さは並じゃないっすね。

内藤選手とヘナーレ選手もバクステのコメントで少しやりあってますね。

ヘナーレ選手が開幕戦のバクステで内藤選手を挑発。

インターコンチネンタル新王者、ナイトーよ。お前から勝利をもぎ取ってやる。そして、そのベルトに挑戦する。一つの勝利ですべてを奪い取ってやる。俺の頭のなかは、そのことでいっぱいだ。それがオレにとって、このツアーの大きな目標だ。OH、YEAH!

引用:新日本プロレスリング公式

2日目のバクステでも内藤選手に言及します。

ナイトー、お前に約束しておく。お前は何とも思ってないかもしれないけど、いつまでも俺を簡単に片づけられると思っていたら間違いだぞ。必ず、お前を追い越してやる。いつの日か、お前に勝ってやる。そういうデスティニー(運命)にあるんだ……

引用:新日本プロレスリング公式

3日目のバクステでも内藤選手に言及します。

まあ、手加減なしに叩きのめしてくれたことには感謝するよ。最初は2分と持たなかったけど、もうそんなことはない。ナイトー、もっともっと叩き潰してくれ。何度でも何度でも、向かって行くから。まだまだこんなもんじゃない

引用:新日本プロレスリング公式

その後少し言葉を交わし合って、今回の試合の後、先輩として内藤選手がヘナーレ選手に言及。

ヘナーレが、今シリーズ、目標立てて、目の色変えて頑張ってるのは分かるよ。それはちゃんと俺にも伝わってるよ。でも彼は、ヤングライオンなの? ヤングライオンから一歩抜け出したの? 俺の中では、彼はもうヤングライオンではなく、ヤングライオンからほんの一歩抜け出した選手なのかなってイメージなんだよね。頑張ればいいのは、ヤングライオンまでだよ。頑張るだけで応援されるのはヤングライオンだよ。彼はそこから一歩出たわけだからね。頑張ってるだけじゃ、何も変わらないよ。プラス・アルファがないと、その上には行けないんじゃないの?

引用:新日本プロレスリング公式

しっかり自分の言葉を伝えるヘナーレ選手は好感が持てますね。

内藤選手のいうプラスアルファが今後見せれるかどうかに期待したいです。

 

明るく素直にプロレスを楽しむナマハゲ!

入場する時にめちゃめちゃファンサービスをするナマハゲ選手。

デスペラード選手の時にはありえない光景ですね。

出典:新日本プロレスワールド

ナマハゲ選手は先日の試合とこの日の試合には感慨深いものがあったようですね。

いつもは素直じゃないデスペラード選手を演じているだけに、ファンタスティカマニアではルチャリブレに憧れていた頃の素直さが爆発しています!

そしてボラドール師匠のトペ・コンヒーロは独特の孤を描きますね。

ふわーっと浮いて落っこちるみたいな感じで、空間だけでなく時間の概念も変化させてるみたい。

 

原始人で野蛮人!カベルナリオの異常なプロレス!

突如組まれた感のあるカベルナリオ選手とソベラーノ選手のシングルマッチ。

去年のカベルナリオ選手のシングルマッチがすごかったので、期待していました。

そして、会場のファンがやたら骨を持っていたので、もしやと思ったら、やっぱり売店で今年も骨を売ってました!

3千円のようですね、なかなかエグい商売してます。

カベルナリオ選手は入場時に海野レフリーとリングアナのイヴァンさんにダンスを強要します。

調子に乗ったカベルナリオ選手は場外でもヤングライオンの海野選手にダンスを強要!

海野選手のカチカチのダンスに、左側にいる金光選手が笑いをこらえています!

ワールドでは顔を隠してなんとかごまかしていましたね。

出典:新日本プロレスリング公式

なぜかカベルナリオ選手は体中にマジックペンで書いたような適当なペイントをしていますが、背中側はけっこう力の入った自分のイラストだったりします!かわいい!

出典:新日本プロレスリング公式

カベルナリオ選手は身体能力も高いですが、注目すべき点は思い切りのいいハチャメチャなプロレススタイルですね。

コーナーポストの間を抜けるトペスイシーダの思い切りの良さったらないです!

パイルドライバーを切り返してのカナディアンデストロイヤーも思いっきりがいい!

場外に寝ている相手に対してのコーナーポストからのダイビングボディプレスは思い切りが良すぎて心配になります!

立っている相手に対してなら、まだ受け止めてもらえますけど、寝ている相手に対しての場合、膝や肘をもろに地面にぶつけることになるので、絶対に痛いはず!

頑丈なのか、我慢してるのか‥。

思い切りの良さ以外に、奇行という魅力も持っています‥。

技のダメージより3倍くらい疲れるシャクトリムシ!

出典:新日本プロレスワールド

と思いきや、シャクトリムシをした後は、なぜかダメージが回復しているんですよね‥。

気合を入れているのか、回復の儀式なのか、常人には理解できません!

 

もう一つ、会場を引かせる奇行がツバピロピロです!

女性ファンを3倍くらい減少させるツバピロピロ

デメリットしかないツバピロピロ

原始人キャラには必要なことなのかもしれませんね‥。

出典:新日本プロレスワールド

試合後のカベルナリオ選手のバクステの日本語がけっこう上手なのでぜひ見てあげてください。

 

そんなカベルナリオ選手の素顔は一体どうなっているんだろうとインスタを覗いてみたら、寝起き自撮りショットがアップされていました!アイドルか!

View this post on Instagram

Buenos días Osaka ☀️🇯🇵

A post shared by Barbaro Cavernario (@barbaro_cavernario) on

結局、あんたもサワヤカな男じゃないの!

 

ミスティコ&ドラゴン・リーの最強ブラザーズ!

メインはCMLLファミリータッグトーナメントの決勝戦。

ミスティコ&リー組vsサンソン&クアトレロ!

華やかなミスティコ&リー組とパワフルでラフなサンソン&クアトレロ組。

対照的なチームで見応えがありました。

最後はリー選手が1回戦に続いてデスヌカドーラを決めて勝負あり!

試合後はゲレーロ親分とにらみ合って終了。

 

後楽園の試合後、リー選手は東スポの記事で、ヒロム選手との試合後の気持ちを語りました。

試合の後は眠れず、食事もノドを通らなかった。彼と試合をするといつも、より上のレベルに行くことができるんだ。それは他のレスラーと戦っていても満たされることがない。僕たちのライバル関係に終わりはないと思っている

引用:東スポweb

確かにリー選手はCMLLの選手と試合をしていても、どこか力を持て余しているような印象を受けます。

ヒロム選手とリー選手のすごい試合を何度も見ているので、そう思ってしまうのかもしれませんが。

ヒロム選手とリー選手の絆は特別なんでしょうね。

リー選手の待つリングにヒロム選手には一刻も早く戻ってきてほしいところ。

しかしそこはトランキーロ・オブ・トランキーロ。

今はファンタスティカマニアを楽しみましょう。

 

とりあえず、ケニー選手やTAKAみちのく選手のことも横に置いておいて。

今はファンタスティカマニアを楽しみましょう。

 

更新情報はTwitterから!

-レビュー
-

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.