出典:Official Twitter for All Elite Wrestling

考察

黒船襲来!世界を変えるAEWの革新性に、新日本は立ち向かえるのか!

投稿日:

 

ついに、噂が現実となってしまいました!

オールエリートレスリング(AEW)にケニー・オメガ選手が副社長として契約したことが発表されました。

 

やっぱりね、って感じではありますが、いざ他団体にケニー選手がいるのを見ると寂しさを感じちゃいますね‥。

しかも副社長待遇で、旗揚げ戦はジェリコ選手との試合になりそうです!

「友達をサポートしたい」って言ってたのに副社長って!

この段階でも相当震えますが、さらにベストフレンズも契約を発表、日本人ではCIMA選手の登場と、アジャ・コング&坂崎ユカ選手の参戦も発表されました。

 

SNSで「AEWと提携して東京ドームで対抗戦をやってほしい」っていう意見もちらほら見ましたが、果たしてAEWとの提携は可能なのでしょうか。

そして、このウルトラハードな現実に対して、新日本ファンはどう気持ちを整理すれば良いのでしょうか‥。

とにかく、現状からいろいろ勝手に推測して、今後の新日本プロレスを楽しめるように、自分を奮い立たせようと思います‥。

 

 

AEWの革新性と危うさ。

歴史的に見れば、日本のプロレス界でも人気選手が独立して新団体を旗揚げすることはよくありました。

しかし、だいたいスポンサーが降りたり、資金難で解散していくケースが多いです。

それだけ年間通してプロレス団体を運営していくのは難しいことなんだと思います。

しかしこのAEWは、WWEのマクマホン氏の倍以上の資産を持つ大富豪シャヒド・カーン氏が出資して、スポーツビジネスに長けた息子のトニー・カーン氏が社長を務め、プロレスのクリエイティブ面はジ・エリートの面々が担っていくわけですから、どう考えても鉄壁の布陣となっているわけです。

 

優秀な投資家が優秀なレスラーに出資して、新しくてクリエイティブなプロレス団体をつくったわけですから、レスラーにとってこんなに幸せな状況はないでしょう。

しかも潤沢な資金のおかげでレスラーのギャラをあげることもできるので、世界中から優秀なレスラーが集まり、レスラーの価値も高まります。

なんならWWEの選手にも積極的にオファーをしているとか、していないとか。

さらに新しい団体なので、今までの団体間のしがらみなど気にせず、優秀な団体とはどことでも提携する構えを見せています。

これぞまさに、チェンジ・ザ・ワールド!

オールエリートレスリングを直訳すれば、すべての優秀な選ばれしレスラーたちの団体、となります。

人種、国籍、団体など関係なく、エリートの名のもとに世界中のすべての優秀なレスラーが集う団体、それがAEW。

AEWという名前にはプロレスの理想が詰まっているのだと思います。

 

ただ、そのプロレスの理想はカーンファミリーの資金力がなければ実現できません。

良くも悪くもカーン氏次第というのは、やや危うい側面もあるような気がします。

また、プロレスの興行を1日だけやるのはそれほどハードルが高くないと思いますが、1年2年10年と終わらないストーリーを永遠に続けていくのは、見た目以上に相当の経験と技術が必要なのではないでしょうか。

この辺はジ・エリートの面々の腕の見せどころでしょうけどね。

 

AEWとケニー・オメガの契約。

メイ社長は自身のコラムの中で、ケニー選手は退団ではなく離脱、というような意味のことをぼかして言っていましたが、AEWと契約ということで完全に退団になりました。

それでもなお、公式HPの選手プロフィールにケニー選手の写真を残しているのは、ジェリコ選手のようなスポット参戦の可能性を残しているからでしょうか。

AEWの副社長であるケニー選手のプロフィールを新日本の公式HPに載せておくのも、なんだかなーって思います。

ただ個人的には変に期待するより、ケニー選手のことは諦めた方がいいかなって思っています。

何より、盟友ヤングバックスと一緒に団体を動かしていく対場になったわけですから、新日本で戦うよりAEWの方がケニー選手にふさわしいと思います。

唯一の心残りであろう飯伏選手は新日本にはフリー参戦の立場ですから、いつかAEWでゴルラヴァを復活させることも可能なはずです。

しかし、ケニー選手はスポット参戦の可能性はあるかもしれないけど、結局退団してしまったことには変わりないわけで、悔やまれるのは1.5後楽園でケニー選手に挨拶をさせなかったことですね。

どうなるのか不透明だったのなら、どっちに転ぶにせよ、一旦1.5で日本のファンに対してケジメをつける必要があったのではないでしょうか。

この辺りは新日本の手腕に疑問を感じてしまいますね。

ちなみに選手プロフィールのケニー選手の所属が未だにバレットクラブになっているのは、いかがなものでしょう‥。

 

 

AEWとベストフレンズの契約。

その1.5後楽園では、先行き不透明なジ・エリートは出場しませんでした。

AEWに行くレスラーは1.5後楽園に出さないという方針を新日本が決めたのだと思われますが、その時出場していたベストフレンズまでもがAEWと契約してしまいました。

噂によると口頭では契約に合意していたが、契約直前でキャンセルしてしまったとか。

先日のアメリカ巡業もベストフレンズは出場していましたから、新日本としてはかなり由々しき事態でしょうね。

ジ・エリートの面々はもう1.4の時点で無理だとわかったでしょうからいいですけど、チャッキー選手は去年ニュージャパンカップに出ていましたし、オナーライジングや次のアメリカ巡業にもブッキングの予定をしていたことでしょう。

それを契約ギリギリでAEWに盗られた格好となり、新日本はAEWに対してますますネガティブなイメージがついたと思います。

こうなってしまうとAEWと提携っていう話は夢物語になりそうです。

 

AEWとAAAの提携、新日本とCMLLの関係。

AEWはさらにAAA(トリプレア)との提携も発表しました。

AAAはメキシコの団体でCMLLのライバル団体です。

この団体の間では、けっこう仁義なき戦いが勃発していますので、CMLLと提携関係にある新日本がAAAと関わることはまずありえません。

それこそファンタスティカマニアやスーパージュニアに影響を与えてしまうでしょう。

そういう意味でも新日本のAEWとの提携は難しいと言わざるをえません。

 

AEWとROHの関係、新日本とROHの関係。

ROHと契約しなかったジ・エリートがROHのソーカル・アンセンサードの3人を誘って、AEWを旗揚げした格好となりましたので、ROHは大打撃です。

ずいぶん前の記事でも書きましたが、新日本で例えるならロスインゴが3Kを誘って独立するようなものですから、残された団体は死亡寸前です。

ソーカル・アンセンサードの一人スコーピオ・スカイ選手は新日本ロス道場のコーチを柴田選手とともにやってくれていた方なので、二重の意味でやられてしまっています。

しかもAEWはアメリカの団体なわけで、ROHにとっては直接なライバル団体でもあります。

ROH的にもAEWとの提携はありえないことでしょう。

 

AEWと提携の可能性。

つらつらと書いてきたように、新日本とAEWが提携できる可能性はほぼありえないです!めちゃくちゃ困難な状態です!

唯一の可能性は百戦錬磨の交渉術を持つメイ社長が手腕を発揮してくれることですが、ただ個人的には提携しない方がいいと思います。

だってベストフレンズの契約のことを考えると、かなりAEWに舐められていると思います!

AEWは自らの理想に忠実に運営しているのでしょうが、新日本からするととても信頼できる団体には見えません!

海外戦略は苦しくなるかもしれませんが、ここは突っ張って意地を見せてほしいです。

リング上のレスラーたちのように。

 

しかし、新日本が提携しないなら、AEWは日本の別の団体と提携しそうです。

CIMA選手とPAC選手が参戦していることから、ドラゲーと提携する雰囲気もあります。

また、DDT系列の東京女子プロレスの坂崎選手が参戦するということとケニー選手の人脈から、DDTとの提携もありそうです。

新日本がAEWとの提携を突っぱねたら、ケニー選手が日本の別の団体に出場することもありうるかもしれません。

それはそれで複雑な気持ちになりますが、そこはきっぱり諦めましょう!

 

人材と海外戦略とヤングライオン。

ケニー選手がいなくなってしまいましたが、悲観する必要はないと思います。

ケニー選手がトップにいる間にギリギリ若手の底上げができたと思っています。

特にジェイ選手はバレクラリーダーまで持っていけましたし、ジュース選手もUSヘビー王者まで何とか辿り着けました。

EVIL&SANADA選手もトップに行けるぐらいの存在感を出せるようになってきたと思います。

オスプレイ選手とザック選手の格上げも完了済みです。

棚橋選手もケニー選手のおかげで復活しました。

ROHのコブ選手やバンディード選手やブロディ・キング選手など面白い選手もいます。

人材的には何とでもなると思います。

一番怖いのは来年以降のレスラー争奪戦ですね‥。

WWEだけでなく、AEWのヘッドハンティングもあるわけで、外国人だけでなく、日本人も引っ張られかねません。

そこの対策は最重要事項です。

 

ジ・エリートに頼っていた海外戦略はもう一度練り直す必要があると思います。

ジェイ選手のように外国人も自前で育てれば一番いいのでしょうが‥。

そのためにもヤングライオンシステムを少し見直す必要があるのではと思います。

ドージョーシステムそのものはいいと思いますが、今の時代、ヤングライオンに炊事洗濯をやらせる必要があるとは思いませんね。

そもそも相撲界の古い風習をそのまま変えることなく今に至っている気がしますから。

そこのハードルが少し下がるだけでも優秀な外国人(日本人も)を育てやすくなるのではないでしょうか。

WWEのパフォーマンスセンターを見るとため息が出ますからねぇ‥。

ヤングライオンシステムが変わった時に、新日本の本当のグローバル化が始まるような気がしています。

まあ、なんにしろ焦ってもしょうがないので、トランキーロでやっていくしかないですね。

 

 

更新情報はTwitterから!

-考察
-,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.