出典:新日本プロレスワールド

レビュー

1回戦16試合の激闘をザックリ総括!新日本ヘビーほぼ全員参戦のシングル祭![NEW JAPAN CUP 1回戦]

投稿日:

 

白熱したNEW JAPAN CUP 1回戦がすべて終了しました!

毎日試合があるのは嬉しいですが、見るだけで精一杯でブログが書けない‥。

なので、もうまとめてザックリ16試合分書いちゃいます。

 

中西 vs YOSHI-HASHI、YOSHI-HASHIは第3世代を超えられたのか!

YOSHI-HASHI選手にとって、中西選手はとっくに超えていなければいけない壁。

しかし、このカードはなんとなく、中西選手の隙をついたYOSHI-HASHI選手が薄氷の勝利をつかんだ形になってしまった印象です。

象徴的なシーンがありました、中西選手のヘラクレスカッターが決まったあと、3カウントが入ったのに海野レフリーが見ていなかった場面。

この状況を考えると、YOSHI-HASHI選手はギリギリ中西選手に勝てたということになります。

本来、新日本に年間フル参戦しているYOSHI-HASHI選手が、隠居状態の中西選手には勝って当たり前。

YOSHI-HASHI選手には新日本からの信頼がまだないんだな、と感じさせるシーンでした。

試合も中西選手のゆっくりした動きにYOSHI-HASHI選手がつられてしまい、中西選手のペースになってしまいました。

YOSHI-HASHI選手にとっては勝てる試合だったのだから、もう少し試合を引っ張っていって欲しかったな、と思っちゃいました。

 

本間 vs タイチ、先輩の全力を引き出すタイチ!

中西 vs YOSHI-HASHI戦とは真逆の試合になりました。

タイチ選手が先輩本間選手を終始引っ張っていきました。

本来の動きが戻っていない本間選手にビシバシ技を決めていって、見ている我々が大丈夫かなと思わせるほど、タイチ選手の攻撃は容赦ありませんでした。

でも、これが現在の新日本プロレスの序列であり、タイチ選手の本間愛であり、プロレス愛であるのは言うまでもありません。

コンディションの違いが明らかな二人が戦っているのですから、当然タイチ選手の厳しい攻めに耐える本間選手という構図にならないといけません。

YOSHI-HASHI選手にもタイチ選手みたいに試合を引っ張っていってほしかったなー。

 

ジュース vs チェーズ、今大会随一の波乱!

鉄柵をうまく利用することでストリートファイト戦の雰囲気を醸し出し、いつもより切迫したプロレスを見せていたチェーズ選手。

ニュージャパンカップ初参戦でUSヘビー王者ジュース選手を倒しました!

これは予想していなかったので、ビックリ!

よくよく考えると、USヘビーは最近コンセプト通り、外国人のベルトになっていましたので、チェーズ選手がふさわしかったのでしょうね。

これはおそらく、バレッタ選手とチャッキー選手がAEWにいってしまったために、チェーズ選手にチャンスが転がってきたものだと思います。

中邑選手の代わりに内藤選手が、AJ選手の代わりにケニー選手が台頭したように、チェーズ選手も長い間我慢してきましたから、このチャンスをモノにしていただきたい。

ちなみに、この試合でジュース選手のナックルが珍しくスロー再生されていました。

スローで見ると、ナックルが全然チェーズ選手に当たっていないのがわかっちゃいます‥。

ほぼモモペチなのがわかっちゃうので、ナックルのスロー再生はやめましょう‥。

 

永田 vs 石井、石井の偏執的な永田愛が炸裂!

バッチバッチのゴッツゴッツ!

昭和の新日本プロレスの緊張感が蘇ってくる二人の戦いでした!

試合後のコメントから推測するに、石井選手は偏執的なツンデレと言いましょうか、ホントに永田選手のことが好きなんですね。

柴田選手がロス道場にいってしまった今、確かに昭和の匂いのするレスラーは永田選手と鈴木選手ぐらいでしょうか。

後藤選手とEVIL選手と鷹木選手も昭和系なんですが、現代プロレスのテイストも入っているので、系統がやや違う気はします。

とにもかくにも石井選手の永田愛が炸裂した試合でした。

 

ヘナーレ vs アーチャー、モンスターと未来のモンスター!

アーチャー選手が格の違いを見せつけた試合ではありましたが、意外とヘナーレ選手もモンスター予備軍だっていうことに気づきました。

体はムキムキですし、パワーも迫力もありますから、アーチャー選手の試合からモンスター感を吸収してほしいですね。

今のファレ選手ぐらいのポジションには簡単に成り上りそうな気がしました。

ヘナーレ選手もジェイ選手と同じ26歳ですから、いいライバル関係を作ってもらいたいです!

 

マイキー vs ヒクレオ、未知との遭遇!

マイキー選手のデビュー戦ということで楽しみにしていましたが、この試合ではよくわかりませんでしたね。

会場もどういう選手かわからないので、静かになってしまいました‥。

相手がヒクレオ選手というのも、ヤングライオンなのかモンスターなのか、なかなかやりづらい相手だったと思います。

それでも随所の所作といいますか、細かな動きやパフォーマンスは完全に仕上がっていました!

個人的には、リングに上がろうとするけど上がれない動きに、確かな経験と実績を感じましたよ。

2回戦のオカダ選手とやるときにその真価がわかる気がします。

 

オスプレイ vs ファレ、ファレも倒す強すぎオスプレイ!

ファレ選手にも勝ってしまったオスプレイ選手!

そしてファレ選手を竹刀でメッタ打ちするオスプレイ選手、ひどすぎる‥。

と言いますか、オスプレイ選手は、飯伏選手、スミスJr.選手、コブ選手、ファレ選手とスーパーヘビー級をなぎ倒してしまいました。

やっぱりヘビーとジュニアのパワーバランスを壊してしまっていると思うんですよね。

これが許されたら、もうヘビーとジュニアの階級を分ける意味がなくなってしまいます。

せめて、NEVERのタイトルマッチぐらいだけにとどめておいてほしいです。

ヘビーとジュニアの階級を廃止するならいいですけど、オスプレイ選手の特別扱い感がスゴすぎる‥。

格闘ゲームの強さバランスがおかしくなってしまったような印象です。

 

オカダ vs エルガン、超人と超獣による激突!

この組み合わせは毎回楽しみにしています!

タフなオカダ選手を最も追い込んでいるのは間違いなくエルガン選手だと思っています。

エルガン選手のエゲツない攻撃ぐらいじゃないと、なかなかオカダ選手にダメージを与えれないと素直に思います。

しかし、今回もエルガン選手はオカダ越えならず‥。

オカダ選手に3連敗ぐらいしてる気がします‥。

あんなに強いのにめちゃくちゃ負けてるんですよね、内藤選手にも4連敗ぐらいしてたっけ‥。

いつかエルガン選手にも日の目を浴びてほしい、切に願います。

 

天山 vs 田口、なぜか二人のハッピー対決!

フィンレー選手の欠場により突如組まれた不思議な組み合わせ。

激シブなキドクラッチで天山選手に勝利してしまった田口選手。

負けた天山選手も素直に負けを認め、悔しがるどころか、なぜかちょっと笑顔に。

そして、天山選手には申し訳ありませんが、2回戦の田口vs棚橋戦は個人的に見てみたいカードです。

棚橋選手も田口選手には一目置いているところがありますから楽しみですね。

棚橋選手の膝も少し休めることができるのではないでしょうか‥。

 

棚橋 vs 海野、エースの背中を見つめる未来のエース!

海野選手の体格はもうヘビー級としてしっかり出来上がってますね。

21歳にして棚橋選手と対峙しても見劣りしませんから、恐ろしいぐらい将来が楽しみです。

掟破りのテキサスクローバーも良かったと思います。

最後、退場する棚橋選手の背中を見つめる海野選手がとてもフォトジェニックでした!

 

EVIL vs ザック、前年度覇者の意地を見せるザック!

EVIL選手がザック選手を研究していて、とても見ごたえのある試合でした。

EVIL選手はおそらく、ザックvsSANADA戦を参考にしていると思いますね。

SANADA選手のザック対応をけっこう真似してるように見えました。

しかし、マジックキラーはSANADA選手いなくても海野レフリーとやってしまうツンデレぶり!

試合はザック選手がEVIL選手の隙をついてめちゃくちゃに関節を極めてタップアウト!

さすがにEVIL選手の2連勝にはなりませんでした。

 

飯伏 vs 内藤、二人にしかできない信頼のスーパーカード!

ニュージャパンカップ1回戦のベストバウトだと思ってます!

飯伏選手の100%を引き出せるのはケニー選手のいない今では内藤選手しかいないと、あらためて思った試合でした。

個人的に飯伏選手はオカダ選手・棚橋選手・ケニー選手とやるより、内藤選手と戦うのが一番面白いと思ってます。

同期のバチバチ感と信頼感が同居してる感じがたまらないんですよね。

最後のタイガードライバー91も、途中の崩れたハチャメチャなデスティーノもお互いの信頼感があるから成せる技。

それにしてもタイガードライバー91は、受ける相手を選ぶ危険な技ですね。

今の新日本だと、内藤選手とオスプレイ選手ぐらいしか受けられないんじゃないかな。

この試合、内藤選手が珍しく終始攻めてて面白かったです。

基本的に内藤選手は受けて受けて最後に逆転するベビーの戦い方をしますので、攻める内藤選手はレアですね。

まあ、試合に負ける方がめちゃくちゃ攻めるっていうのは、新日本プロレスあるあるなので、致し方ない結果になりましたが‥。

内藤選手がインターコンチを持っている以上、順当に飯伏選手が勝ちましたが、逆説的に飯伏選手が優勝する可能性はほぼなくなったと言ってもいいと思います。

インターコンチ戦がMSG大会で組まれるかはわかりませんが、確実にどこかで組まれるでしょう。

 

矢野 vs スミスJr.、悪夢再び!スミスJr.は何のために日本に来たのか!

さすがに今回は丸め込まれないだろうと思ってましたが、やっぱり丸め込まれたスミスJr.選手。

わざわざスミスJr.選手を日本に呼んで毎回矢野選手に丸め込ませるのは、いくらなんでもヒドすぎる!

なぜここまで扱いが悪いのか‥。

負けるなら負けるでもっと強い人としっかり戦って負けてほしい‥。

スミスJr.選手は丸め込まれるためにあの肉体を作り上げているわけじゃないんだから‥。

もったいなさすぎるよ‥。

 

真壁 vs カバナ、明るく楽しく激しいカバナプロレス!

そうは言いましても、カバナvs矢野戦はやっぱり見たいわけです。

ニュージャパンカップの右下ブロックはよくよく見れば、矢野選手にまつわるレスラーが集まっているので、カバナ選手が矢野選手と戦うのはデスティーノでしょう。

カバナ選手はユニークな雰囲気ではありますが、意外とゴツゴツした体格でパワフルですから、トップ選手とやってもそこそこ面白い試合になりそうな気はします。

真壁戦に関しては特にいうことはないんですが、2回戦のカバナvs矢野戦を楽しみにしたいと思います。

 

小島 vs 鈴木、ゴッチ式のスピードが速すぎる鈴木!

最後フィニッシュに行く時の鈴木選手のスリーパーからのゴッチ式パイルドライバーのムーブのスピードがメチャクチャ速くて驚きました!

あまりの速さに小島選手がふらついてしまうほど。

スリーパーを1秒ぐらいしか絞めてないのはどうかと思いますが、鈴木選手の強さが際立っていました。

札幌に続いての鈴木 vs SANADA戦の2回戦は楽しみしかないですね。

 

後藤 vs SANADA、春男になりつつあるSANADA!

そもそもこの二人はどちらも1回戦で負けてほしくない選手たちです。

ニュージャパンカップをきっかけにブレイクしてほしい両者ですが、1回戦で戦うことになってしまいました。

試合はSANADA選手が得意の勝ちパターンで後藤選手に勝利。

面白い試合で満足のいく内容でしたが、良くも悪くも、いつものSANADA選手と後藤選手だったように思います。

ちょっと期待しすぎちゃったかな‥。

でも不知火式のスカルエンドはエレガントでしたし、掟破りの牛殺しも良かった!

後藤選手の方がいまひとつ爆発できなかったのかもしれないです‥。

そしてSANADA選手は去年に続いて1回戦突破!

唯一のロスインゴ枠になってしまいましたから、もっともっと目立ってほしいです。

 

総括

32人参加のビッグトーナメントでしたが、1回戦で一気に16人脱落しました。

それにしてもヘビー級のほぼ全員のシングルマッチを見れたのは貴重でしたね。

全員の現在の強さのバランスがよくわかりました。

勝敗に関して驚いたのはチェーズ選手ぐらいでしょうか。

個人的には順当な星勘定になっているかと思います。

このまま順当に進んでしまうのか、もう一波乱くるのか、2回戦も目が離せないっス!

 

更新情報はTwitterから!

-レビュー
-

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.