出典:新日本プロレスワールド

レビュー

2回戦を振り返る、ベスト8決定のニュージャパンカップ![NEW JAPAN CUP 2回戦]

投稿日:

 

あっという間にニュージャパンカップ2019も2回戦が終了。

いよいよ今年のベスト8が決まりした。

いい意味で予想も裏切られて、1回戦よりさらにヒートアップしてきましたね!

ニュージャパンカップ2回戦をザックリ振り返りたいと思います。

 

YOSHI-HASHI vs オーエンズ、プロレスセンスが光るオーエンズ!

ケイオスとバレットクラブにおいて、ジョバーのポジションから抜け出せるかどうかの二人の試合。

オーエンズ選手はスピードこそあまりありませんが、細かなところにいろいろなアイデアを入れてくれるので、見ていて面白いですね。

特に神戸ズッコケ流血事件を匂わせる花道を走らせてのエプロンクラッシュに、オーエンズ選手のプロレスセンスを感じました。

解説もあの時と同じ真壁選手とミラノさんっていうところがデスティーノです。

YOSHI-HASHI選手にもあの事件を逆手にとって、走り込んでヘッドバッドするぐらいのふてぶてしさを見せて欲しかったですが、良くも悪くもいつも通りのYOSHI-HASHI選手だった気がします。

試合そのものはオーエンズ選手のペースの試合でしたが、最後はカルマをズバリ決めたYOSHI-HASHI選手が勝利。

カルマは久しぶりに見ましたが、改めていい技だなと思いました。

鷹木選手にもMADE IN JAPANを使って欲しいけど、政治的な事情で無理なんでしょうね‥。

さて、YOSHI-HASHI選手の次の準々決勝は石井選手が相手なので正念場ですね。

YOSHI-HASHI選手の1回戦と2回戦の相手は強敵とは言い難い相手でしたが、いずれも相手を自分のプロレスに引き込むことはできなかったように思います。

石井選手に頼らず、YOSHI-HASHI選手の方が仕掛けていくようなプロレスを見せて欲しいです。

 

石井 vs タイチ、もはや名勝負数え歌!

事前から天龍vs川田の代理戦争と呼ばれていましたが、代理なんて言ってはいけないぐらい面白い試合でした!

タイチ選手はヘビーになって川田技をガンガン出すようになってから、レベルが3つぐらい上がった気がしますね。

かつてハッスルで川田さんの付き人をしていた頃の可愛いタイチ選手を見た時、この選手は将来どうなってしまうんだろうと漠然とした不安を感じたことがありましたが、見事に川田師匠を消化して自分のスタイルに組み込んでしまいました。

今となっては川田スタイルを継承していいのはタイチ選手だけなので、師匠もプロレスの大事な要素のひとつですね。

途中石井選手の挑発に乗ってタイチ選手がマイクを投げて真っ向勝負した時、明らかにファンの声援がタイチ選手に傾きました。

この辺りは石井選手の成せる技で、石井選手の前ではベビーもヒールも無効化してしまいます。

結果的に石井選手と戦うと、相手選手の株も上がるということで、影響力はもはやチャンピオン級です。

そして石井選手の準々決勝の相手はYOSHI-HASHI選手。

タイチ選手と同じように石井選手はYOSHI-HASHI選手も輝かしてくれるんでしょうか。

このエグすぎるデンジャラスバックドロップの再現度は凄まじい‥。

 

オスプレイ vs アーチャー、いろいろあるよ!

この試合もすばらしい試合でしたが、個人的に違和感あって別記事にしました。

オスプレイ無双に物申す!パワーバランスが崩壊するヘビー級戦線はこれでいいのか?

続きを見る

ツイッターをあまり深く見てないので気づいてませんでしたが、この記事がそこそこ批判されちゃいましたね。

基本的にオスプレイ選手もアーチャー選手も素晴らしい選手だと思っていますし、むしろ好きな選手です。

なので二人の選手を貶めている風に感じ取られてしまったなら、ちょっと書き方が悪かったかもしれませんね、反省します。

オスプレイ選手がアーチャー選手に勝つことや、試合そのもの、もしくは選手に難癖つけたかったわけではなく、アーチャー選手のフィニッシャーを潰してまでオスプレイ選手の勝利を印象付けることに違和感がありました。

オスプレイ選手がKUSHIDA選手に勝ってチャンピオンになるストーリーはとても丁寧に作っていたのに、今のオスプレイ選手は急激に強くなっちゃっててついていけなかったんですね。

まあ、ほぼ記事と同じことを言ってるんですけども‥。

でその上で、自分は新日本プロレスはWWEと同じように勝敗も試合内容も全部シナリオがあると思って見てます。

むしろ、そう思って見た方がプロレスは面白いと思っています。

なので、このブログはどちらかというと、そのシナリオを推測したり、振り返ったりすることに主眼を置いています。

時に批判することもありますが、選手そのものを批判しているわけではなく、どちらかというとそのシナリオであり、ストーリーを批判しています。

と言いつつも、外道さんはレスリングオブザーバーのベストブッカー賞を獲るほどの男なので、年間を通したシナリオは素晴らしいと思ってもいます。

でも中にはプロレスを真剣勝負と思って見る方もいるでしょうし、コメディマッチにはシナリオがあるけどタイトルマッチは真剣勝負じゃないかと思って見る方もいるでしょう。

プロレスの見方は人それぞれなので、自分の信じる見方で見ればいいと思います。

しかし、シナリオがあると思ってる人と真剣勝負だと思っている人の間では全く話が相容れません。

信じるものが違うので、例えるなら宗教が違うようなものです。

なので、プロレスにシナリオがあるということが不快な方は、このままブラウザを閉じることをお勧めします‥。

プロレスはスポーツというより、どちらかというと舞台芸術に近いと思ってます。

ということで、オスプレイvsオカダ戦も非常に楽しみにしてます。

 

オカダ vs マイキー、まだまだわからないマイキー!

オカダ選手と対峙すれば、マイキー選手の真価がわかるんじゃないかと思っていました。

オールマイティでなんでもそつなくこなすマイキー選手は確かにプロレスは上手いんだけど、そこまで熱を持って見ることができませんでした。

タッグ屋だったのが影響しているのか、まだ見慣れていないだけなのか、なんなんでしょう。

それでもオカダ選手とのレインメーカー切り返し合戦は見応えがあり、とても良かったと思います。

マイキー選手はUSヘビー戦線にいきそうな気がしますが、誰かと新しいタッグを組むのも良さそうです。

あと、トーネメントの左ブロックは全部ケイオスの選手なんですねー。

東京ドームはロスインゴ推しでしたが、ニュージャパンカップはケイオス推しでバランス取っているのかな。

 

棚橋 vs 田口、美しいドラゴンスープレックス!

もっとコメディ路線の試合になるのかなって思ってましたが、田口監督がかなり本気で頑張ってました!

田口監督の後楽園人気がすごかったです、海外人気は今ひとつですけども。

相変わらず棚橋選手の膝の状態は芳しくありませんでしたが、最後は美しいドラゴンスープレックスで勝利しました。

ハイフライフローの代わりのフィニッシャー候補みたいですね。

個人的に膝に悪いハイフライフローにこだわる必要はないと思ってましたから、大歓迎です。

ドラゴンスープレックスやタイガースープレックスは昔は全然フィニッシャーでしたから、ドラゴンスープレックスをぜひ磨き上げていってほしいです。

準決勝で棚橋vsSANADA戦が実現したら、ドラゴンとタイガーのスープレックス競演がみたいですね。

どちらがエレガントなのか!

 

飯伏 vs ザック、サブミッションvsブチギレ!

飯伏選手はなんだかんだ言ってもベスト4までは行くんじゃないかって思ってましたから、2回戦敗退は衝撃ありありでした!

とは言いつつもザック選手も前年度覇者ですから、全然勝ってもおかしくないわけです。

ザック選手の関節技に対して関節技で対抗するんじゃなくて、ブチギレパワーで対応する飯伏選手がらしくて良かったです。

これで準決勝はザックvs棚橋戦になってしまいました。

棚橋選手の膝がザック選手の関節技に耐えられるのか、それが心配でならんです。

 

矢野 vs カバナ、おもしろおじさん決定戦!

コメディマッチのレベルをさらに一つあげた伝説の一戦と言ってもいいんじゃないでしょうか。

並んでのローブレイクというアイデアは思いつきませんでした!

リングのコロコロカバナなんかめちゃくちゃ面白かったです。

でもちょっと面白すぎて、一瞬で決まっちゃうんじゃないかっていう矢野選手独特の緊張感は少し薄れちゃったかなって思いました。

とにもかくにも新日本随一の矢野キラーであるSANADA選手とカバナ選手の歴史的コメディマッチは見逃せません!

 

SANADA vs 鈴木、スカルエンドをめぐる攻防!

ここ最近のSANADA選手のシングルマッチは本当に面白くてアイデア豊富だと思います。

SANADA選手のスカルエンドと鈴木選手の足関節の取り合い合戦は、スカルエンドのレベルをもう一つ上げた気がします。

鈴木選手やザック選手のような関節職人と戦っても、飯伏選手のような身体能力のある選手と戦っても、矢野選手のような面白い戦いも、全部いい試合に仕上げれるSANADA選手はどんどんメインイベンターに近づいているんじゃないでしょうか。

最後のマイクもいつもと少し変えてくるあたり、貫禄が出てきました。

カバナ戦が本当に楽しみです。

 

総括。

なんとか2回戦全部書けた‥。

 

更新情報はTwitterから!

-レビュー
-

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.