出典:新日本プロレスワールド

レビュー

準々決勝総括!過去最高の狂気なYOSHI-HASHI![NEW JAPAN CUP 準々決勝]

投稿日:

 

ニュージャパンカップ2019、ついにベスト4が決定しました!

石井選手、オカダ選手、棚橋選手、SANADA選手の4人。

個人的には鈴木軍の誰かがベスト4に上がってくると思ってましたが、鈴木軍は全員負けてしまいましたね。

タイチ選手がくるかと思いきや負けてしまい、ということはザック選手が上がってくるのかと思いきや、やっぱり負けてしまいまいした。

鈴木軍にはなかなかチャンスがまわってきませんね‥。

その代わり上がってきたのは石井選手と棚橋選手。

ある意味、実力者二人が上がってきたので、ベスト4の顔ぶれを見ると来るべき人が来たという感じでしょうか。

新しい風が吹いていないのがちょっと寂しいといえば寂しいですかね。

MSG大会のIWGPがかかっていなければ、石井選手とSANADA選手の優勝もあるんじゃないかと思えましたが、さすがにこの状況だとオカダ選手と棚橋選手しか優勝する可能性はないように感じてしまいます。

とにもかくにも、準々決勝をザックリ振り返ります。

 

石井 vs YOSHI-HASHI、狂おしいほどのYOSHI-HASHI!

個人的に準々決勝の4試合の中でのベストバウトでした。

高い身体能力を削り合うようなオカダvsオスプレイ戦より、類い稀なプロレスセンスがぶつかり合うSANADAvsカバナ戦より、クラシカルなレスリングでせめぎ合う棚橋vsザック戦より、ガムシャラなYOSHI-HASHI選手の戦いに見入ってしまいました。

これは多分、今まで見せたことがないぐらいの気迫をYOSHI-HASHI選手が見せてくれて、さらにそれ以上に全力を振り絞ろうとしていた気持ちを感じ取れたからだと思います。

正直YOSHI-HASHI選手の1回戦と2回戦は、相手のペースに乗っかってしまい、自分のペースで試合ができなかったように思います。

けれど石井戦に至っては、自分から仕掛けて石井選手の胸板を破るぐらいのチョップを見せていたし、相手の挑発に対してはツバを吐いて、なんとか石井選手に飲み込まれないように踏ん張っていたと思います。

前回のG1の時の石井vsYOSHI-HASHI戦は、YOSHI-HASHI選手の方に先輩への遠慮が感じられ、顔面キックとかもそこまで厳しいキックじゃなかったように思います。

しかし、今回はかなり石井選手に対しても厳しく攻めていたんじゃないでしょうか。

まあ、石井選手の顔面キックはそれ以上でしたが‥。

 

また、プロレスってけっこう表情も大事だと思うんですが、YOSHI-HASHI選手は少し表情に乏しい気がしていました。

ですが、この試合でのYOSHI-HASHI選手の目はイッちゃっていました!

出典:新日本プロレスワールド

顔面でも負けない!というのがよく伝わってきましたし、このYOSHI-HASHI選手の目からは狂気すら感じました。

基本的に性格が優しくて穏やかなYOSHI-HASHI選手がここまでの狂気を出したことに、心動かされましたよ!

そして尋常じゃないぐらいの汗!

ここが踏ん張りどころだと誰よりYOSHI-HASHI選手が感じていて、そのプレッシャーなのかはわかりませんが、猛烈に汗をかいていました。

この汗にYOSHI-HASHI選手の泥臭いまでの必死さを感じてしまいました。

 

終盤、YOSHI-HASHI選手の熊殺しがキレイに決まりました。

熊殺しが開発できたことによりカルマへの流れがうまくできましたし、試合運びも上々で、石井選手をあと少しまで追い詰めることができたように思います。

最終的に試合は石井選手の貫禄勝ちになってしまいましたが、こういう試合を続けることができるならば、新日本からの信頼も得られる気がします。

YOSHI-HASHI選手にとってもこの試合はベストバウトだったんじゃないでしょうか。

かねてからヤングライオンの戦いが好きだと言っていたYOSHI-HASHI選手にとって、今回の試合は現時点での理想のプロレスに近かった気がします。

YOSHI-HASHI選手が今後大きく飛躍するヒントがいっぱい詰まっていたような試合だったと思います。

ただ、残念なことは、石井選手のベストバウトにはなっていなかったような気がします。

いつかYOSHI-HASHI選手が最高の石井選手を引き出す試合を見てみたいです。

 

オカダ vs オスプレイ、進撃のオスプレイを止めるオカダ!

1回戦、2回戦と破竹の連勝を見せたオスプレイ選手。

なぜかケイオスとの連戦が続くオカダ選手。

身体能力の高い二人が高い次元で戦う現代的なプロレス。

特にオスプレイ選手がレインメーカーを切り返してのスパニッシュフライは、動きもアイデアも見事でした!

最後はオカダ選手がレインメーカーでオスプレイ選手に勝利。

今のオスプレイ選手なら1回ぐらいのレインメーカーなら返しそうな雰囲気でしたが、今回は返せず。

オスプレイ選手の動きは相変わらずキレキレでしたが、1回戦2回戦と比べると、ちょっと元気がないように感じました。

スーパーヘビーと戦った代償でしょうか。

まあ、しかし横綱オカダ選手が実力を見せつけて大本命としてベスト4に上がった印象ですかね。

オカダ選手はこれで2回戦、準々決勝、準決勝と3回連続ケイオス対決になりました。

個人的にケイオスはGBHみたいに本隊に徐々に吸収されていくのかな、って思っていましたが、まだまだ新日本はケイオスブランドをなくすつもりはなさそうです。

 

カバナ vs SANADA、レトロにして新しい二人の攻防!

類い稀なプロレス脳を持つ二人の試合。

老獪なカバナ選手にセンスで対抗するSANADA選手といったところでしょうか。

序盤、カバナ選手のヘッドロックから抜け出すSANADA選手の頭をシンプルにヘッドロックに戻す攻防は、何気に見たことがないレトロにして新しい不思議な駆け引きでした。

初対決ながら、お互いをよく研究していて、やはり手の合う二人でした。

途中カバナ選手が見せたシカゴクラブという逆ボストンクラブみたいな技が面白かったですね!

初めて見ましたが、ボストンクラブの逆というのと、カバナ選手がイリノイ州出身ということでシカゴクラブというネーミングになっているのではないかと推測しますが、ボストンクラブよりきつそうな感じがしました。

かけてるカバナ選手も、ちょっときつそうだけど‥。

ひっくり返しただけなんですけど、オリジナルホールド感があって、プロレスの技って奥が深いなと感じます。

最終的にはSANADA選手がラウンディングボディプレスを出すまでもなくスカルエンドで決着。

最後は意外とあっさり終わっちゃいました。

面白い試合でしたが、SANADAvs矢野戦みたいな爆発した試合にはならなかった印象です。

それでも見たことのない技の引き出しや、お茶目なカバナ選手のプロレスはシンプルに楽しい。

試合後のコメントでカバナ選手がタッグリーグに出たいって言ってたようですね。

G1というよりタッグリーグ向きの選手なのかもしれません。

カバナ&矢野組でぜひ参加してもらいたい!

 

一方、SANADA選手は、準決勝で棚橋選手と激突。

準決勝ならSANADA選手が棚橋選手に勝つ可能性もあると思いますが、その場合の決勝の相手がオカダ選手ならここでは勝てる気がしません。

オカダ選手にまた連敗しまうぐらいなら棚橋選手に負けたほうがマシなんですが、SANADA選手には勝っても負けても悩ましいトーナメントになってしまったような気がします‥。

 

棚橋 vs ザック、ザ・クラシカル!

棚橋選手がザック選手とのクラシカルなレスリングを楽しんでいた印象です。

終盤にザック選手がオリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デスを決めるまで、棚橋選手の膝を全然攻めなかったので、安心して見られた試合でした。

ザック選手はシャレにならない棚橋選手の膝に気を使ったのか、膝を攻めるまでもないと思ったのかはわかりませんが、むしろ棚橋選手の方がザック選手の膝を攻め立てていました。

しかし忘れた頃にやってくるオリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デスをなんとか回避した棚橋選手が、最近流行りのジャパニーズレッグクラッチホールドでザック選手に勝利。

棚橋選手にもMSG大会が見えてきました。

MSG大会のための棚橋選手の東京ドーム復活ストーリーだと思っていたので、ジェイ選手へのリマッチは全然ありうると思ってます。

あと、久しぶりのSANADA選手との対決は楽しみですね。

前も言いましたが、タイガーとドラゴンのスープレックス競演が見たい!

 

総括!

すごいメンバーの準々決勝の試合でしたが、個人的に一番輝いていたのはYOSHI-HASHI選手でした!

ニュージャパンカップのベスト8を糧に爆発してもらいたいです!

 

更新情報はTwitterから!

-レビュー
-

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.