出典:新日本プロレスワールド

レビュー

飯伏が纏う優勝のオーラ!超人オカダを倒し、Aブロックを制す![G1 29 8.10日本武道館]

投稿日:

 

ボ、ボッグです!

いよいよG1クライマックス29、8.10日本武道館大会を振り返ります!

この日のG1公式戦は、

EVIL vs ランス・アーチャー、

SANADA vs バッドラック・ファレ、

KENTA vs ザック・セイバーJr.、

棚橋弘至 vs ウィル・オスプレイ、

オカダ・カズチカ vs 飯伏幸太の全5試合。

Aブロック最終戦です。

 

毎試合恒例の新日本公式G1予想ツイッターは、棚橋vsオスプレイ戦を外してしまいました‥。

さすがにオスプレイ選手が棚橋選手には勝てないだろうと思っていましたが、勝ってしまいましたね!

しかも、G1決勝進出も何もかかっていない消化試合のカードで。

これはちょっと衝撃的‥。

オスプレイ選手に棚橋選手が負けたこともショックですが、棚橋選手がG1を負け越したことにも驚きました。

棚橋選手が負け越すなんていつ以来でしょうか‥。

ちょっと棚橋選手の役割みたいなものが変わっていってしまいそうですね‥。

また、メインでは大方の予想通り、飯伏選手がオカダ選手を破り決勝進出へ!

 

そしてAブロックの最終戦績は、

飯伏選手とオカダ選手が、7勝2敗。

アーチャー選手が、3勝6敗。

それ以外の選手全員が、4勝5敗。

メインイベントに出た2人以外は、全員仲良く負け越しになってしまいました。

飯伏選手とオカダ選手以外は星をキレイに潰しあった感じです‥。

 

EVIL負け越し決定!

現状まさかの最下位であるアーチャー選手と、4勝4敗で勝ち越しがかかっているEVIL選手の試合。

序盤、アーチャー選手がエプロンから、なんと場外ムーンサルト!

EVIL選手とヤングライオン5人をまとめて吹っ飛ばす、とてつもなくデカいムーンサルト!

アーチャー選手は今年のG1で、こういったダイナミックな飛び技を織り交ぜて、パワープロレスにテクニカルな幅を見せ、かなりいろいろチャレンジしていた印象です。

さらに終盤で見せたフェイスバスターのようなヘラクレスカッターのような技は、やや不完全に見えましたが、うまく決まればアーチャー選手の長身を活かした形になるので、いい感じじゃないでしょうか。

最後はEVIL選手のイービルをEBDクローで切り返して、そのままピンフォールでアーチャー選手の勝利!

それでもアーチャー選手の最下位は変わりませんが、いろいろ試した技をきっかけにして、タイトルマッチにも絡んでいただきたいところです。

一方、EVIL選手は勝ち越すことができず、去年のG1より悪い成績となってしまいました。

今年のEVIL選手は決勝まで行きそうな気配を感じていたんですが、全然うまくいきませんでしたね‥。

ただ、決勝へ残った飯伏選手には直接勝利していますので、飯伏選手が優勝した場合に、権利者証戦へ行ける可能性がありますから、切り替えて2019年後半で爆発していただきたいです!

 

SANADAも負け越し決定!

すでに負け越しが決定しているファレ選手と、EVIL選手と同じく勝ち越しがかかった4勝4敗のSANADA選手。

SANADA選手はファレ選手に力負けしない豪快なTKOを敢行!

さらには重いファレ選手にボディスラムまでできちゃうパワーを見せつけます!

反則介入してくる邪魔な邪道選手とチェーズ選手にはパラダイスロックでお仕置き!

邪魔者がいなくなり、SANADA選手が優勢かと思われましたが、ファレ選手が電光石火のスモールパッケージホールドでピンフォール勝ち!

ファレ選手はなんと3戦連続丸め込み技で勝利です。

新たな引き出しなのか、ポスト矢野選手なのか!

G1中のファレ選手は重い体を活かすだけでなく、丸め込みなど新しいアイデアにチャレンジしていたように思います。

アーチャー選手と同じく、新しい技を活かして今後につなげてもらいたい。

一方、SANADA選手は去年に引き続きG1を負け越してしまいました。

確かG1を一度も勝ち越したことがないですよね‥。

もはや逆夏男‥。

しかし、試合のインパクトは強く、期待値も日に日に上がっている状態。

こうなったらSANADA選手の春・秋・冬に期待しましょう!

 

 

元ノア対決はザックに軍配!

4勝4敗で勝ち越しがかかるKENTA選手と、元ノアの後輩としてどうしても勝ちたいザック選手との戦い。

ザック選手はいつものように投げ技と関節技をうまく使って試合を展開!

一方、KENTA選手はキック中心の戦いで、エゲツないダイビングフットスタンプで反撃!

実はザック選手もキックが得意、オーバーヘッドや水面蹴りでうまく技をつなげます!

そしてキックだけでなく張り手も強烈なKENTA選手、ちょっと掌底に近いエゲツなさ!

一進一退の攻防の中、KENTA選手のgo2sleepをザック選手が三角絞めで切り返し、そのままジムブレイクスアームバーでタップアウト勝利!

KENTA選手は4連勝からの5連敗で、勢いが尻すぼみになってしまいました。

G1前半はKENTA選手中心に新日本が回っているかの勢いでしたが、終わってみれば決勝進出戦にも絡めず負け越し。

新日本初参戦のシリーズだったので、まあ、慣らし運転といったところでしょうか。

個人的にはオスプレイ選手のジュニアのベルトを狙って欲しいですが、どうかな‥。

KENTA選手に勝ったザック選手も、G1は不甲斐ない結果になってしまいました。

Aブロックの3トップであるオカダ・飯伏・棚橋選手に勝てなかったので、今後の新日本のメインストーリーに絡める気がしないですねぇ‥。

また、G1後の新日本ロンドン大会は、ザック選手中心になると思いますが、誰と戦うのかはちょっと読めません‥。

今年のザック選手はブリティッシュヘビー級ベルト中心に動いて、新日本のタイトルにはあまり関わらない方針なのかもしれませんね。

 

オスプレイがいきなりエース超え!

G1を脱落している棚橋選手とオスプレイ選手の対決。

ヘビーとジュニアのエース対決といったところでしょうか。

試合は棚橋選手がオスプレイ選手の膝を攻める展開で始まります。

テキサスクローバーホールドもガッチリ!

オスカッターをスリングブレイドで切り返した棚橋選手はダルマ式ジャーマン!

棚橋選手のスリングブレイドをスパニッシュフライで切り返したオスプレイ選手は怒涛の攻めで反撃!

美しいシューティングスタープレス!

オスカッターはパーフェクトなタイミング!

しかし、ストームブレイカーをスリングブレイドで切り返した棚橋選手は、正調式スリングブレイドで応酬!

それでも最後はヒドゥンブレイドからのストームブレイカーでオスプレイ選手の完全勝利!

試合自体は棚橋選手がうまくスリングブレイドを使ったりして、見所の多い好勝負だったと思います!

しかし、正直ビックリしました!

いくらコンディションが下がり気味といっても、新日本の象徴の棚橋選手ですから、初対決でいきなりオスプレイ選手に負けるとは思いませんでした。

オスプレイ選手の躍進や名勝負製造機っぷりに文句の付け所はないし、ある意味今の棚橋選手になら、勝って当然なのかもしれません。

だけど、オスプレイ選手の出世があまりに早すぎて、ちょっとついていけないところはあります‥。

飯伏選手が神を超える時にそれなりの手順を踏んできたからこそ、今、棚橋選手を超えてG1の頂上に昇り詰めようとするのはよくわかるし説得力は充分。

オスプレイ選手がKUSHIDA選手をなかなか超えられなかった手順があったからこそ、その後の躍進につながったとも思うので、もう少し神越えは丁寧にやってほしい気持ちがありますね‥。

オスプレイ選手と棚橋選手、どちらかに焦る理由があるのかな‥。

 

ついにオカダ超え!飯伏が優勝のオーラを纏う!

決勝進出がかかったオカダ選手と飯伏選手の一戦!

試合中盤、飯伏選手が得意のスワンダイブの形から、ワンツーの早いタイミングで美しい雪崩式フランケンシュタイナーへ!

一方、オカダ選手は相変わらずの高いドロップキックで飯伏選手を迎撃!

そしてツームストンを切り返した飯伏選手が、ここ一番で出す人でなしドライバー!

さらにオカダ選手が放ったショットガン式ドロップキックを我慢して飯伏選手が全力ラリアット!

しかし全てを受けきったオカダ選手は飯伏選手についにレインメーカーを発射!

さらに連続でレインメーカー2発目が飯伏選手に当たり絶体絶命!

しかし、正調式レインメーカーを脱出した飯伏選手がクロス式ジャーマンスープレックス!

さらにローリングレインメーカーをジャンピングニーで切り返し、飯伏選手がついにカミゴェをオカダ選手にヒット!

それでも立ち上がるオカダ選手に、飯伏選手がトドメのカミゴェで勝利!

オカダ選手の多彩なレインメーカーを様々な技で切り返し続けた飯伏選手が、ついに超人オカダ超えに成功!

去年のG1が準優勝ということと、G1に入る前にインターコンチを巻いたことと、今年のAブロックで棚橋選手を超えたことで、オカダ選手と戦う飯伏選手に優勝のオーラが纏われているいるよう気がしました。

なんというか言葉ではなく、飯伏選手の全身から優勝しそうな雰囲気が滲み出ているというか、零れ落ちているように見えて、とても頼もしく感じました。

もう飯伏選手が優勝したんじゃないかという錯覚すら感じましたからね。

これはもう、誰がBブロックを上がってきても飯伏選手が勝つでしょう!

一足早く言います、優勝おめでとうございます飯伏選手!

 

以上、ボッ、ボッグでした!

更新情報はTwitterから!

-レビュー
-, , ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.