出典:新日本プロレスワールド

L・I・J 考察

第3弾、飯伏会見から考える内藤IWGP再戴冠問題!ダブルドームでダブルタイトルマッチ!?

投稿日:

 

G1ロスで体中の力が入らない、ボッ、ボッグです‥。

かなり話題に遅れてますが、飯伏選手のG1一夜明け会見の1.5インターコンチ発言から、内藤選手のIWGP再戴冠問題を筆者なりに考えてみる回です。

内藤選手のIWGP再戴冠問題は今年もう3回目の話題だなぁ‥。

 

ダブルドームでダブルタイトルマッチ!?

内藤選手のIWGP再戴冠する日を、ずっと待ち望んでいましたが、G1準決勝でジェイ選手が内藤選手に勝利した瞬間に思いました。

あぁ、今年の内藤選手のIWGP再戴冠はもう無理かな‥。

 

思えば、MSG大会前の4月にひょっとしたら、内藤選手のIWGPありうるんじゃないか!と思ってこんな記事を書きました。

内藤IWGP再戴冠が、もしかしたら6月にやってくるんじゃないか問題!

続きを見る

順調にインターコンチ戦で内藤選手が負けて、ようやくIWGP戦線に行くのかと思いきや、まさかの大阪城でのリマッチ宣言。

内藤選手からIWGPが離れて行く中、それでもまだ様々な可能性を模索し、こんな記事を書きました。

大阪城のカードから考える、続・内藤IWGP再戴冠問題。

続きを見る

しかし、G1でオカダ選手と同じブロックに入ることもままならず、G1準決勝でジェイ選手に敗れてしまったことで、内藤選手のIWGP再戴冠の可能性はほぼほぼ消滅してしまいました‥。

ダメか‥、もうダメなのか‥、と頭をうなだれていると、飯伏選手の1.5インターコンチ発言が飛び込んできました!

‥。

‥。

なるほど、この手があったのか!

いろいろなことを妄想・予想してきたのに、このやり方は全く想像できませんでした!

飯伏選手が言っていることは、つまり、

1.5でIWGP&IC王座のダブルタイトルマッチの提案!

 

来年のダブルドームの1.4と1.5で、試合をどういう風に割り振るのかというのは、新日本にとって大事なポイントだったと思います。

ただ、1.4と1.5でどのように試合を割り振ったとしても、1.4が去年の1.4よりも薄味になってしまってはダメでしょうし、1.5は1.4の試合を見た人たちがもう一度見に行きたくなるようなカードでなくてはなりません。

これはとてもはハードルの高いマッチメイクが必要だなとは思っていましたが、それを一気に解決するマッチメイクがあったのです!

それが1.5でIWGP&IC王座のダブルタイトルマッチ!

 

このマッチメイクを考えついた人は恐らく飯伏選手ではないと思いますが、実現すればダブルドームにふさわしいこれ以上ないマッチメイクだと思います!

1.4では従来通りのタイトルマッチを行い、1.5ではその王者同士が対決するわけです。

1.4のカードはまだまだわかりませんが、仮にIWGP戦がオカダvs飯伏戦になり、IC戦が内藤vsモクスリー戦になれば、充分ドーム級のメインとセミのカードが出来上がります。

そして1.5がオカダvs内藤のダブルタイトルマッチになれば、1.4を見にきたファンは当然1.5も見に行きたくなるでしょう。

これなら内藤選手がICを持ったまま、無理なくドームのメインに立つことができてしまう!

すげぇ、すげぇマッチメイクだよ、新日本さん‥。

しかも、ダブルドームでダブルタイトルマッチ、っていうキャッチーなネーミングも付いてきますしね。

 

内藤の2冠同時戴冠発言はダブルドームへ繋がった。

今年1月の内藤選手の2冠同時戴冠発言は、リップサービスというか、苦肉の策だと思っていまいした。

新日本からインターコンチ路線を敷かれているけど、全選手はIWGPを目指さなければいけないという自論があるため、矛盾なく自分の主張を貫くために、2冠を目指さなければいけなくなってしまった状況だと思っていました。

しかし、この2冠同時戴冠発言があったことで、ファンはベルトを持っているにも関わらず、内藤選手がG1優勝するんじゃないかとミスリードさせることができたと思います。

実際僕は、内藤選手がモクスリー選手に負けた時、逆に優勝するんじゃないかと思いましたからねぇ‥。

この辺りの発言能力は、ファン目線を持っている内藤選手らしい優れたリップサービスなんだと思っていました。

でも今思えば、1月のこの時点で、来年の1.5のダブルタイトルマッチは決まっていたのかもしれませんね。

もしそうだとしたら、内藤選手は実に1年かけて1.5のフラグを丁寧に仕掛けてきたと言えます。

 

 

そして1.5で内藤はドームのメインを締めることができるのか!

めちゃくちゃ気が早いですが、もし1.5でダブルタイトルマッチがあったとして、仮にその試合がIWGP王者オカダ選手とIC王者内藤選手の戦いだったとしたならば、冷静に考えて内藤選手が勝利する可能性は極めて高いと思います!

オカダ選手と内藤選手の過去2度のドーム対決はいずれもオカダ選手が勝っているので、そろそろ内藤選手が勝ちそうという理由もありますが、もっとしっかりとした理由があります!

 

それは、1.4では絶対にIWGP王者がメインを締めるからです!

 

そして、ダブルドームを2日連続で同じ選手が締めるとは考えにくい!

 

つまり、1.5では別の選手が締めるはず!

 

すなわち、1.5は内藤選手がデハポンする確率が極めて高いはず!

 

ハア、ハア、ハア‥。

ちょっと妄想が爆発しすぎたかもしれません‥。

なんだかんだ言っても現在の8月の時点では、飯伏選手が1.4でIWGPをとったら1.5でインターコンチに挑戦したいと言っただけの状態ですからね‥。

 

東京ドーム行きたくなってきたぁ‥。

以上、ボッ、ボッグでした!

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, 考察
-, ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.