出典:新日本プロレスワールド

L・I・J レビュー

BUSHIのベストバウト級タイトルマッチ!苦しい役割をこなしつつ、オスプレイに迫る![11.3大阪]

投稿日:

 

「2冠を見たい」に投票しました、ボッ、ボッグです。

ダブル選手権決定など、ダブルドームに向けていろいろ盛り上がってきましたね。

でも今回は、ヒロムフィーバーで忘れ去られてしまった感のある、11.3大阪のBUSHI選手のオスプレイ選手とのタイトルマッチを取り上げたいと思います。

前シリーズでBUSHI選手は、11.3でのIWGPジュニアのタイトルマッチに漕ぎ着けるため、かなり強引なやり方でオスプレイ選手に迫ってきました。

ジュニアタッグリーグ最終戦でオスプレイ選手の試合に乱入して毒霧を噴射、BOPの決勝進出の可能性を強奪するという非道なやり方で、タイトル挑戦をオスプレイ選手に認めさせます。

この非道なやり方は、オスプレイ選手側から見たら「試合とリーグ戦を壊してありえない」となり、対戦相手の鈴木軍側から見たら「余計なことするな」となってしまいます。

しかも結果的にロスインゴが鈴木軍に加担してしまう少しおかしな状況なわけで、四方八方から批判を受けるとても苦しい状況に。

今年の実績を見てもBUSHI選手はシングルで結果を出していないので、現状で無双状態のオスプレイ選手に勝利できるとは思えませんし、もしかしたら挑戦する資格もないのかもしれません。

ですが、それもこれも、ヒロム選手の復帰にバトンをつなげるための苦しい役割を承知してのことだったと思います。

BUSHI選手が挑戦を表明すると同時にSNSでもヒロム選手の復帰が噂されました。

ヒロム選手の復帰をお膳立てするために、強引な嫌われ役を引き受けたような状態に‥。

でも、だからこそ、BUSHI選手にはオスプレイ戦で「BUSHIが勝つんじゃないか!」って思えるぐらいの試合をして、ファンにタイトル挑戦を認めてもらいたかったです。

BUSHI選手にとって今の苦しい状況と役割は変えられないので、せめて次に繋がるように自分自身のためのいい試合をしてほしいな、って思っていました。

でも、そんな心配は無用でした‥。

11.3のオスプレイ戦は、BUSHI選手のベストバウトなんじゃないかっていうぐらいの、とてもスペクタルな試合になったように思います!

 

禁断の毒霧口移しキッス!

BUSHI選手のタイトルマッチの出で立ちはジョーカーのハーフマスク!

出典:新日本プロレスワールド

 

試合序盤は、お互いやや荒々しい展開で始まります。

そんな中、BUSHI選手がここ一番の試合で見せる場外ティヘラ!

日本人ジュニアでは、BUSHI選手が一番ルチャっぽい派手な技がうまいんじゃないかな。

首を怪我してからはあまり多用はしなくなりましたが‥。

 

そして、BUSHI選手といえば、いつどこで毒霧が出るのか出ないのか、受けるのか受けないのか、っていうのが一つの見所だと思いますが、この試合では意外と早く、しかもアンビリーバブルな毒霧になりました!

いつものようにレフリーがうずくまり、BUSHI選手が毒霧ポーズに入ったところ、オスプレイ選手が口を押さえて、さらに熱い接吻‥!?

出典:新日本プロレスワールド

と思いきや、毒霧を口移しで強奪!

そのままBUSHI選手に毒霧噴射!

出典:新日本プロレスワールド

毒霧シーンは今まで色々なパターンを見てきましたが、こんな返し技がまだ残っていたとは‥!

恐るべし、オスプレイ選手‥。

このアイデアは、たとえ思いついたとしても実行するのは少し躊躇するはず‥。

だって、毒霧を口移しするなら、そこそこ口を開けて溢れないようにしっかりと唇と唇を重ねないといけないわけで、しかも相手の口の中に入っていた粘着性のある何かを、自分の口の中に移すわけで‥、さらに二人の唾液が混じり合って‥。

‥‥あまり深く考えてはいけませんね‥‥。

でも、オスプレイ選手は意外とノリノリで、ちょっとグレートオスプな雰囲気。

出典:新日本プロレスワールド

BUSHI選手も金丸選手のウイスキーミストは受けてますけど、毒霧を受けたのは初めてなんじゃないかな‥、しかも自分のやつ‥。

屈辱的な仕打ちを受けてしまったBUSHI選手でしたが、この日のBUSHI選手はこのまま終わらない!

 

その後、オスカッターを決めにきたオスプレイ選手にタイミングドンピシャで海野レフリーを身代わりに!

あまりにも完璧に決まって、ちょっとビックリ!

海野さんは大丈夫か‥。

海野レフリーはそのまま退場、急遽、浅見レフリーがセミとメインを裁くことに。

加害者のオスプレイ選手もビックリ!

オスプレイ選手の顔芸はもはや伝統芸ですね、ハリウッドも夢じゃない!

出典:新日本プロレスワールド

そして、その後なんやかんやあって、BUSHI選手が2度目のしつこい毒霧噴射、今度はクリーンヒット!

出典:新日本プロレスワールド

海野レフリーは気絶中‥。

 

驚愕の垂直落下式コードブレイカー!

お互い1回づつ毒霧を受けてイーブンの状態。

ここからは二人とも必殺技オンパレードで、一進一退の攻防に!

ヒドゥンブレイドを避けたBUSHI選手が、なんて言っていいかわかりませんが、器械体操のように相手の大腿部にのってからのウラカンラナを決めます!

ここぞで見せたアレンジの効いた入り方で、おおっ!と思いました!

これもルチャっぽいムーブなんだと思いますが、タメができるので2段階な感じでカッコいい。

受けるオスプレイ選手も、腕のロックを外すタイミングとか難易度高そう‥。

いつもの技に少しアレンジを変えることで、試合に緊張感が生まれる気がします!

 

そして、個人的に最も驚いたのが、その後BUSHI選手が出した変形のコードブレイカー!

相手の肩を跳び箱のように利用して、長身のオスプレイ選手の伸びきった頭に両膝を装着!

コーナートップ並みの高さまで跳んでるよ!

出典:新日本プロレスワールド

そこからまさに、垂直落下式な感じでコードブレイカー!

出典:新日本プロレスワールド

コードブレイカーとかMXの受け身は、カエルのように後ろに跳んでくのが普通ですが、この垂直落下式コードブレイカーはまさに垂直に落ちるので、かなりの破壊力のように見えます!

オスプレイ選手の受けがスゴイとも言えるのですが、「あれ、もしかして、BUSHI、勝てるんじゃないか‥!」と思えるほど、この技にフィニッシャー級の強さを感じました。

正直ヒロム選手のことも一瞬忘れさせてくれましたよ‥。

 

そしてMXも完璧に決まり、あらぬ方向に吹っ飛ぶオスプレイ選手!

あわやタイトル移動かと思わせてくれましたが‥、オスプレイ選手がキックアウト!

出典:新日本プロレスワールド

 

さらに、BUSHI選手のトップロープからのスーパーMXを、オスプレイ選手がカウンターのオスカッターで合わせると、MXのダメージがゼロになり完全蘇生!

怒涛のスーパーオスカッター&ストームブレイカーでBUSHI選手が完全沈黙、オスプレイ選手がタイトルを防衛しました。

出典:新日本プロレスワールド

出典:新日本プロレスワールド

 

BUSHIのエンセリオマジな意地を感じた!

ここ数年のBUSHI選手は、ヒロム選手や鷹木選手のタッグパートナーとか、ロスインゴのサポート役の印象が強くて、シングル戦線からは遠ざかっていました。

でもこのオスプレイ戦のタイトルマッチで、まだまだシングルも行ける、ということを示してくれたように思います。

垂直落下式コードブレイカーからのMXで、一瞬でもオスプレイ選手に勝てるかも、と思わせてくれたこと。

そして、ヒロム選手復帰のことを一瞬でも忘れさせてくれたことに、BUSHI選手の意地を見たような気がします。

 

この試合はヒロム選手のこともあってか、突如セミファイナルに組まれました。

しかもジュニアタッグの優勝決定戦よりも後ろの試合順ということで、ジュニアタッグリーグを軽視しているのではないかという声もありましたが、終わってみれば、文句なしの素晴らしいセミファイナルの試合だったと思います。

BUSHI選手の細かなアイデアと、オスプレイ選手のベストバウトマシーンっぷりが噛み合って、リング上で良い化学反応が起こっていたのではないかな。

 

まあ、でも、ヒロム選手の登場により、全てがかき消されてしまったような気がしますね‥。

 

以上、ボッ、ボッグでした。

 

更新情報はTwitterから!

-L・I・J, レビュー
-, ,

Copyright© ボマニア|プロレスにもぐる! , 2019 All Rights Reserved.